ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

弊社のインボイス登録番号を公表

本題

インボイスに登録しましたので、今後、インボイスの登録を考えられている方の参考になればと思います。

インボイス公表サイト

インボイス公表サイト、水面下でインボイス制度が進んでいます。

で、この登録番号にインボイスの番号を入力すると、その事業者がインボイスの登録を行なっているのかが瞬時に検索されます。

私は、今回、自営業であるみつばち会計事務所のインボイス登録を5/9(月)に電子申請して、5/19(木)にインボイス登録されました。

電子申請の場合は、約2週間で登録されるとありましたが、それよりも若干早く登録されました。

表示される画面

で、私の登録番号ですが、こちらにになります。

T2810352621482

この番号を上記のインボイス公表サイトに入力すると、同じ画面が瞬時に表示されます。

つまり、令和5年10月1日のインボイス制度開始後からは、取引先から貰う請求書などに、この番号がついていて、それを公表サイトで入力を行えば、取引先がインボイス発行事業者かどうかを確認することができます。

赤枠の申請方法

赤枠で囲った部分については、適格請求書発行事業者の登録申請書という書類を作成して、電子なり書面なりで申請を行う必要があります。

これについては、別の記事やYouTubeでも解説をしていますので、参考にしてみてください。

個人事業主がインボイス申請で提出すべき3点セット

青枠の申請方法

青枠で囲った部分については、適格請求書発行事業者の公表事項の公表(変更)申出手続という書類を作成して、申請を行う必要があります。

基本的には、個人事業者が申請を行う場合は、赤枠の氏名のみしか公表されません。

追加で、屋号の公表についても申請を行うことで、この青枠の表示をすることもできます。

また、店舗などの住所もこの公表の申請を別途行うことで、公表サイトに載せることができます。

個人事業主がインボイス公表サイトに屋号を載せたい時の申請方法

まとめ

ここまで、つまびらかにインボイスに登録しているかどうかを、取引先が知ることができます。

自営業者をしている宿命かもしれませんが、自営業者にとっては、インボイスはとても大きな改正といえます。

弊社では、税理士顧問契約なしでもインボイスの申請代行業務を行なっておりますので、もし、ご自身で申請するのは難しいという自営業者の方はお気軽にご連絡いただければと思います。

【個人事業主限定】個別コンサル30分+インボイス制度の申請代行

 

息子&娘(4歳8ヶ月&0歳8ヶ月)の成長日記

昨日、息子が公園で拾った保育園のお友達のレインボーのプッシュポップをお友達に返してあげると言って朝からテンションが上がっていました。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

株式会社の定款認証代行はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら