ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

【電卓の使い方】メモリーキーを使って廃業時の個人事業税を計算

本題

昨日、廃業時の個人事業税の計算の方法を紹介しましたが、今日は、電卓を使ってその計算のやり方を紹介したいと思います。

【法人成り】最後の個人事業の確定申告で個人事業税を経費にできるかも

税理士試験で、電卓と友達になった私が、スマートに電卓をどうやって使っているのかご紹介したいと思います。

ちなみに私が使っているのは、こちらのカシオ製の電卓になります。

今は絶版になっていると思います。

しかし、電卓は長く使えます。

これも10年選手ですが、今も現役で活躍しています。

またまた、ちなみにですが、裏はこんな感じでテニスのラケットの補修用のテープを滑り止めと高さ調整に使っています。

計算してみよう

(引用)税理士法人ディレクションHP

リンク:https://direction-tax.com/post-1042/

手順1

4,000,000円を入力して、M+(メモリープラスキー)を押します。

手順2

2,900,000円を入力して、✖️9、➗12、=で計算を確定して、Mー(メモリーマイナスキー)を押します。

手順3

MR(メモリーキー)を押すと、手順1から手順2がマイナスされた金額が計算されます。

それに、✖️0.05、➗1.05、=で計算を確定させます。

すると、以下のように計算されるので、100円未満を切り捨てて86,900円を計算することができます。

メモリーキーに記憶された数字を消したいときは、MC(メモリークリアキー)で削除できます。

 

まとめ

メモリーキーを使うと、算式の中にややこしい計算が入っていても、一度それを計算してメモする作業が必要なくなります。

税理士試験でもよく使った機能になり、経理の現場でも重宝する機能になります。

 

編集後記

今日も、確定申告。
昨日、一番大きな案件は終わったので、後半戦に入ります。

 

息子(3歳5ヶ月)の成長日記

昨日はカレーでしたが、当然のようにおかわりします。

食いしん坊が成長中です。

 

ヨガ日記

今日はお休みです。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら