ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

知名度がなくてもKindle unlimitedであなたも作家デビューできるかもしれない 笑笑

本題

定額読み放題

Kindle unlimited、ご存知の方も多いかもしれませんが、月額980円(税込)でKindle unlimitedに登録されている書籍について読み放題で読むことができます。

2ヶ月間無料などのキャンペーンなどの開催されているため、そのタイミングで加入すればお得に読み放題で読むことができます。

最近私は、このKindle unlimitedで本を読む習慣が徐々についてきたように思います。

これはスマホの画面ですが、こんな感じで、連続で読んだ週数と日数を自動で記録してくれるので、良い目標ができてまた読んでみようかなという気になります。

まあ、連続日数3日なので、三日だけやないかと思われそうですが、本を3日連続で読むことなどほとんどなかったので、Kindle unlimitedのおかげだと思っています。

飛ばし読みができる

私だけかもしれませんが、せっかくお金を出したら、隅から隅まで読まないと損な気がしてしまいます。

ただ、本というのは自分の知らないところだけ読めばよく、すでに知っているところは読み飛ばしても問題ありません。

このせこい考えも読み放題であれば関係ありません。

どれだけ読んでも、全く読まなくても定額なので支払う金額は変わりません。

ガンガン読み飛ばして、自分の欲しい情報だけを拾い読みしても、もったいないおばけは出てきません。

読み放題の書籍がリストアップ

こちらも、スマホの画面ですが、読者の興味のありそうな書籍をコンピューターが勝手におすすめに出してくれます。

Kindle unlimitedで定額で読める本の中からおすすめしてくれるので非常に助かります。

昨日は、おすすめの中から、先輩ひとり税理士の内田先生が書かれた開業されてからの開業録を読みました。

セミナー1本できそうな内容で、大変参考になりましたし、同じひとり税理士として勇気を貰いました。

 

作家デビュー?笑

私も恥ずかしながら、電子書籍を出版しています。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

私は、出版社を通して出版をしました。

そのため、印税はそれなりの割合です。

しかし、今では出版社を通さずに電子書籍を出版される方も大勢いらっしゃいます。

そして、自分で電子書籍を出版した時の印税率は70%にも及びます。

500円で発売して、1冊売れたら350円も入ってきます。

ちなみに、一般的な本の印税は一桁から多くても10%なので、その割合の差は比べ物になりません。

しかし、Kindle unlimitedで読み放題で読まれても印税は入ります。

知名度がなく売れるか不安でも、定額の読み放題であれば読まれる可能性は上がります。

その際の印税率については、以下のブログで詳しく書かれていましたので、ぜひ参考にしてみてください。

以下のブログでアンリミちゃんの印税について、1ページ読まれるごとに0.5円と記載されています。

100ページ読まれて50円となります。

読み飛ばされないような工夫が必要そうですね 笑

『葵居屋』

http://aoiyuyu.jugem.jp/?eid=698

まとめ

Kindle unlimitedで読書習慣が出来つつあります。

飛ばし読みしても罪悪感を感じない定額読み放題は習慣化しやすいと思います。

また、Kindle unlimitedなら知名度がなくても読んで貰える可能性は格段に上がります。

 

編集後記

今日は、確定申告を進めつつ、細かい仕事を片付けたいと思います。

 

息子(3歳6ヶ月)の成長日記

なぜか寝る時に私の枕が強奪されて、妻の枕として補充されます。

眠りについてからそっと、返してもらいます。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日も、朝7時から太陽礼拝を受講しました。

同じ動きを繰り返して、最後ヨガのポーズをするというコースですが、徐々に筋肉がほぐれていくのを感じてとても気持ちいいです。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計30人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆