ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

それは一発アウト!税務調査で確実に指摘される経費項目

本題

税金の支払い

所得税、住民税

所得から計算されている、これを経費にすると所得のマイナスをすることになるため

所得税の予定納税についても経費とはならないので注意

従業員の源泉所得税

会社で預かっているだけ、勘定科目は預り金なので、経費にはなりません

例外

個人事業税(特殊)、消費税(所得とは無関係)は租税公課として経費となる

借入金の支払い

例えば、100万円借りて、毎月3万円返済

借りた時点では、売上になっていないので、

返済する際も経費にならない

もちろん、住宅ローンの支払いも経費にならない

住宅ローンは控除と言って、確定申告書で調整をする

仕訳

借りた時:現金100万円/借入金100万円

返した時:借入金3万円/現金3万円

国民健康保険、国民年金、生命保険、地震保険

経費ではなく、控除確定申告書で控除するものです。

経費は、売上に貢献するために支出するもの。

健康保険などは、個人の健康に関するものとして取り扱われる。

例外

事業における損害賠償保険、従業員の労災保険など、事業主に依存するわけではなく、事業継続のための保険は経費になる。

まとめ

・所得から計算される税金はアウト

・借入金の元本の返済はアウト

・事業主に依存する保険は基本的にアウト

 

息子&娘(5歳0ヶ月&1歳0ヶ月)の成長日記

久しぶりに、息子と娘を同時にお風呂に入れました。

てんやわんやになると予想しましたが、意外と息子が言うことを聞いてくれました。

若干、娘にちょっかいをかけてきましたが、無事、2人同時お風呂を完遂できました。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら