ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

macのレザーケースとiPad miniの布ブリーフケース

本題

macのレザーケース

買って本当に良かったと思っているのが、このMacBookのレザーケースになります。

ほぼ毎日使っています。

レザーの風合いなど良い点もありますが、一番は実用的なところです。

パソコンでタイピングをする時に、摩擦でガッチリと止めてくれます。

私の場合、上の写真のようにパソコンを斜めに上げて使っていて、机との接点が少ないのでレザーがないと、テーブルの上で滑ってしまいます。

その点、レザーであれば、接点が少なくてもパソコンがズレないのでタイピングが非常に安定します。

その影響で、レザーケースの表面には無数の引っ掻き傷のようなものがついていますが、それも味と考えれば良いかなと思います。

iPad miniの布ケース

一方、iPad miniについては、色々と悩んだ結果、Amazonで1,000円ちょっとで売っている布製のケースにしました。

もちろん、レザーも考えましたが、MacBookのような実用的な使い方というのは、iPad miniではしないかなと考えました。

さらに、レザーの場合、Apple pencilの収納が付いていないものがほとんどでした。

私が、iPad miniのケースで欲しかったのは、Apple pencilの収納スペースになります。

カバンから取り出した時にApple pencilが取れて、探すというあの一瞬のイライラを抑えたかったので、収納ポケット重視で選択すると、このケースになったということです。

実用的なiPad miniケースはこちら

最適な素材

精密機械を持ち運べるブリーフケース。

ぶっちゃけ、なくても仕事には支障はありません。

しかし、あったら、日常生活を便利にしてくれます。

レザーについては、多少価格が張るので、よほどのお金持ちでもなければ、よく使うノートパソコンのケースなどで愛用すると、高級感をいつも感じることができて、仕事のテンションも上がります。

一方、仕事で多用はしないけど、ここぞの場面で使うiPad miniのような機器については、私のような実用面をアシストしてくれるようなものでも十分かと思います。

そもそもiPad miniは、サブデバイスの位置付けなので、ブリーフケースの種類はあまり多くはありません。

その中で、素材を絞るとさらに希望の商品を探すことは困難です。

自分でレザーで製作すれば別でしょうが、もちろん、そんな技はありません。

まとめ

今日は、私の大切な仕事道具を守ってくれるブリーフケースを紹介しました。

人それぞれ、お気に入りのデバイスがあると思います。

そのお気に入りのデバイスを、お気に入りのブリーフケースに入れれば、日々のテンションもあげることができます。

知らんけど笑笑

 

息子&娘(5歳0ヶ月&1歳0ヶ月)の成長日記

今日は、おばあちゃんがつかしんのキッズスペースに連れて行ってくれました。

また、ちゃっかり、トミカの変形ロボで、特殊なジョブレイバーゼロも買って貰って、本人は大満足の1日になったようです。

帰っていたら、早速、組み立ててと言われて、覆面パトカーと黒バイのロボを作ってあげました。

おばあちゃん、ありがとうございました。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら