ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

iPad Pro12.9インチ(第4世代)使用して3ヶ月使用感レビュー

本題

iPadPro12.9インチの片手は重たい問題を解決するカバー

iPad Pro12.9インチ(第4世代)を使用して、早3ヶ月が経過しました。

画面の大きさ、Apple Pencil(第2世代)の魅力に惹かれてメルカリで購入をしました。

今日は、その使用感についてレビューしたいと思います。

iPad Pro12.9インチは、iPadの中では最上位モデルになります。

最新のモデルはm1チップ搭載の第5世代になります。

iPadの詳しいサイズ表は、こちらの記事にまとめています。

【確定申告チェック用】iPadで最適なモデルはiPad Pro12.9インチ第〇世代

第5世代のiPad Pro12.9インチは確かに魅力的です。

しかし、第4世代のiPad Pro12.9インチは、第5世代より優れている点が1つあります。

それが重さと厚さです。

Apple公式より引用

高さと幅は全く同じなのに対して、厚さは、第5世代が、0.5mm厚く、重量はWi-Fiモデルで、41g重くなっています。

第5世代のストレージは2TBと第4世代のストレージの1TBの倍になっていることが影響しているのかもしれません。

たかが、0.5mmと41gの違いですが、私の使い方ではこれは大きな違いになります。

私は、iPad Proを専用のカバーに入れて左手でファイルのように持って、右手でApple Pencilを持って作業することが多くあります。

その際に気になるのが、iPad Proの重さです。

第4世代でも641gあるので、常に大容量サイズのペットボトルを持っているようなものです。

なので、たかが41gですが、長時間片手で持つのであればより軽い方がいいのです。

かといって、画面のサイズ感については、12.9インチより大きいものがないです。

仕事の打ち合わせなどで使用する際は、このほぼA4の12.9インチというサイズは見やすいですし、書き込みやすいです。

なので、希望としては、12.9インチで500gと切るぐらいのiPadが出れば言うことはありません。

そういう意味で、第4世代から性能が進化した第5世代ですが、重くなってしまっているのは残念なポイントと言えます。

なので、普段使いであれば第4世代でも十分高性能ですし、私と同じように打ち合わせメインで使用されるような場合は、第4世代がおすすめです。

ちなみに、Apple Pencil(第2世代)が使えるiPad Pro12.9インチ(第3世代)は、第4世代より10g軽い631gなので、より軽さを追求されるという方は、(第3世代)も選択肢に入ってくると思います。

 

編集後記

今日は、ミニマム法人を設立されたクライアントとzoomミーティングです。

 

息子&娘(4歳3ヶ月&0歳3ヶ月)の成長日記

息子のイヤイヤ期でしょうか。

日曜日のティップネスを嫌がり、振替で今日になりました。

さて、ちゃんと行ってくれるのでしょうか。

朝、指切りをして保育園に連れて行きました。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日は、肩甲骨はがしヨガを受講。

ねじりながら、肩甲骨をしっかりとほぐしました。

 

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら