2020年日本シリーズ初戦を観戦した感想

本編

(敬称略)

2020年11月21日から日本シリーズが開幕しました。

かくれ巨人ファンとしては、待ちに待った第一戦でした。

巨人の先発は、もちろん菅野、ソフトバンク先発は、エースの千賀。

シーズン中の菅野の安定感を観てきた立場としては、第一戦は取りたいところです。

解説でも言っていましたが、初戦を取ると、6割以上の確率で日本一になっています。

打たれる菅野

初回はいつもの菅野といった立ち上がり、ゼロで抑えます。

裏は巨人の攻撃でしたが、菅野以上に存在感を出したのが千賀でした。

157キロ、158キロを連発します。

しかも、コントロールも良い。

巨人打線はなすすべなく、ゼロに抑えられてしまいます。

そのあとの2回でした。

5番栗原に2ランホームランを打たれる菅野。

初回にランナーを溜める場面があっても、切りむけてきた菅野が、まさかの序盤でホームランを打たれる波乱の展開です。

巨人ファンとしては、まだまだと言った感じです。

 

また打たれる菅野

一方、巨人打線は四球で塁を賑わすもののなかなか一本が出ません。

そんな中、菅野の投球に期待です。

チャンスの場面で、第一打席ホームランを打たれた栗原を迎えます。

また、タイムリーを打たれます。

野球の世界には、相性と言う話がありますが、菅野と栗原は相性が合ってしまうのかもしれません。

 

そして打たれる菅野

巨人打線は、変わらずゼロに抑えられます。

そして、菅野と栗原との3度目の対決になります。

ランナーは1塁。

3度目の正直という言葉もあります。

菅野もエースの維持があります。

勝負を避けるという選択肢はありません。

もちろん勝負です。

しかし、右中間を向くツーベースでした。

結果、栗原はエース菅野から3安打4打点の大暴れ。

最終的に5対1でソフトバンクが勝つのですが、打線は、栗原1人にやられた印象の試合でした。

そして、千賀は圧倒的な投球でした。

 

まとめ

ソフトバンクは強いの一言でしたね。

まあ切り替えていくしかありませんね。

まずは、一勝するしかないですね。

 

編集後記

今日は、オフになります。

 

息子(3歳2ヶ月)の成長日記

昨日は、いとこを一緒に遊んだみたいです。

初めは、仲良く遊んでいましたが、最後はおもちゃの取り合いをしたようで、少し気まづい感じで終わったようです。

 

レッツゴージャイアンツ

ブログに書いたので、割愛

阪急塚口駅南に徒歩5分ほどのビルで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

毎週土曜日開催 freeeで確定申告オンラインセミナーについては、こちら

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計26人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆