ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

缶つまシリーズ、ランチ用にブリあら炊きに変わる一品を模索

本題

前回、缶詰のブリのあら炊きをランチ用にケース買いして、在庫が順調になくなってきたので、新たにランチ用の缶詰がないか模索しています。

おすすめの缶つまシリーズの商品ラインナップの中からランチのレギュラー選手がいないかホームページを閲覧しています。

3,000円以上で送料が無料になるため、次回注文するブリの缶詰に、1個2個試しにプラスして注文しようと思っています。

数ある商品ラインナップから、ランチ候補としてピックアップしたのが、以下の商品になります。

どれも、1つでランチのオカズになって、価格は税抜き500円以下の商品になります。

エントリーNO.1

ランチ用として最も期待している缶詰になります。

缶詰の王道のさば。

それをトマトソースで味付けした一品になります。

内容量もブリと同じ150g、価格は270円(税抜き)とお手頃です。

エントリーNO.2

絶対うまいでしょ。

ブリの場合、骨まで食べれるぐらいに火が通っています。

元々柔らかい牛すじとこんにゃくになるとどうなってしまうのか。

140gと1缶で十分な量です。

価格は500円(税抜き)と若干高めですが、次回注文することは決定です。

エントリーNO.3

缶詰の定番、焼き鳥になります。

スーパーで100円台でも売っています。

内容量は135gなのですが、固形分が90gなので、ランチには少し物足りないかもしれません。

価格は、250円(税抜き)とお手頃、普通の缶詰とどう違うのか、1度試す価値はありそうです。

エントリーNO.4

焼き鳥のタレバージョンになります。

内容量、価格は塩味と同じ。

好みの方を選ぶことができます。

エントリーNO.5

変わり種です。

マテ茶鶏とはなんなんでしょう。

150gとしっかり入っていて、価格は450円(税抜)とランチならギリのラインでしょうか。

試しに1個注文してみようと思います。

まとめ

ブリのあら炊きに衝撃を受けて、箱買いしてしまい、ランチで高頻度で食べています。

少し、マンネリしてきたので、他の缶つまシリーズも試してみようと思います。

 

息子&娘(4歳11ヶ月&0歳11ヶ月)の成長日記

ハイハインという亀田製菓が出している赤ちゃん用のせんべいをあげようとすると、娘が手を伸ばすようになりました。

こうして、どんどん意思表示をしてくれると、どんどん可愛くなってきます。

次は、初めてしゃべる言葉を待っていますが、なかなかしゃべってくれません。

焦らされています。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら