ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

【関西スキー】びわ湖バレイでバリトレしました

写真はモーグル専用の細い板で攻めるカッコいいモーグラー

念願のびわ湖バレイにスキーをしに行ってきました。

今シーズンは、3回目のスキーになります。

大阪から2時間以内に行けるスキー上の中では、最も大きいスキー場になるかと思います。

実際滑って、満足して帰ってきました。

びわ湖バレイのゲレンデの全体図はこんな感じになっています。

地図の一番右のゲレンデは今シーズンはやっていないと思います。

それ以外のコースは滑走可能です。

しかし、14時ぐらいになると、強風で、コブ斜面やボードバークがある上級者向けのコースのリフトが停止してしまいました。

1時間しても再開しなかったので、そのまま営業終了まで再開はしなかったと思います。

2週間前にびわ湖バレイを訪れた時は、強風で営業自体が中止になっていたので、安全第一の経営方針だと思います。

誰得情報かもしれませんが、今日の私のトレーニングメニューを発表したいと思います。

長年封印していたスキーを再開して3回目ともなると、結構滑りも上達してきます。

さらに上達するため、主にYouTubeで勉強した通称バリトレと言われるバリエーショントレーニングを行いました。

まずは、雪面タッチです。

これは、ストックを持たず、ターンをするごとに手を雪面につけるというトレーニングで、カービングをするための傾きを体に意識させるために行います。

スピードが出るため、比較的緩やかなアルペンコースで2本ほど行いました。

極端に傾きをつけるので、こけそうになるけどこけないギリギリのラインが分かります。

次にやったのが、片足スキーです。

これは読んで字のごとくですが、片足のみスキーをはいて滑るスキーになります。

やはり、人間利き足は得意でもそうでない方は不得意なものです。

左と右でやりましたが、右利きの私は左はかなりてこづりました。

右はストックも活用してなんとかこけない感じでいけます。

これは、初級コースの打見ゲレンデで行いました。

リフトの掛かりの人に、スキーどうされましたと質問されるシーンもありました。

休憩も挟みつつ、いよいよ、モーグルコースもあるホーライゲレンデに向かいます。

ホーライ北ゲレンデのリフト下コブ斜面

1つ、びわ湖バレイの特徴をお伝えすると、リフトがクワッドであることです。

クワッドリフトとは4人乗りリフトのことです。

このリフトは単純にペアリフトの倍の数を乗せることができます。

そのため、多少ゲレンデが混んでいても、スムーズに上に上がることができます。

満を辞して、モーグルコースに行きました。

ホーライ北ゲレンデのリフト上モーグルコース

すぐに撃沈しました。

YouTubeを見て、頭の中では何度もシミュレーションをしたのですが、体がうまく動きません。

モーグル&コブコース、次に、大回り、またモーグル&コブコースと滑っていると、前述した強風のためホーライゲレンデのリフトが運行停止になってしまいました。

そのあとは、ロマンスコースやジャイアントコースを滑って帰りました。

この日は、4時間ぐらいは休憩しながらですが、滑ったと思います。

前回の箱館山では3時間で足がプルってしまったので、スキー筋肉が鍛えられたのかなと思います。

もう少し、コブのコースをやりたかったです。

というのも、コブのコースがあるゲレンデはなかなか珍しいです。

だから、滑れる時に滑っておきたいです。

今回、コブの攻略は難しかったですが、収穫もありました。

リフトが止まった後の滑りで、前半からズラす意識を持つことができるようになりました。

コブを滑るとき、前半のズラしで減速をかけなければ、すぐに暴走してしまいます。

何度かコブにチャレンジするうちに、普通の滑りの時にも、いままであまり意識していなかったターン前半のずらしの意識が持てたのは良かったと思います。

こんなことを考えながら滑っていると、すぐに時間がなくなってしまいます。

また行きたい!

あと、びわ湖バレイは、夏季も観光地として営業しているため、設備が綺麗です。

ホーライリフト下の休憩所

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

株式会社の定款認証代行はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら