ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

普通自動車の名義と住所を変更、兵庫陸運部へ(法人へ譲渡)

本題

引っ越し

東大阪市から尼崎市に引っ越しをして、3年ほどが経ちましたが、愛車のCUBEについて名義、住所共に変更をしていませんでした。

行政書士登録もしたことなので、業務の練習のつもりで自分で名義変更を行うことにしました。

一応、引っ越しをした場合は、車検証の変更手続きをする必要があります。

しかし、実際はさほど問題も発生せず車に乗れていたのが現状になります。

この度、個人名義から法人名義にすることで、自動車税や任意保険について法人の経費にして節税を目的に車検証の名義を変更することにしました。

兵庫陸運部

引っ越しに伴って車検証を変更するためには、車の使用の本拠となる場所を管轄する陸運局に該当の車両を持っていって、ナンバープレートを交換する必要があります。

私の場合、元々、大阪ナンバーだったものを神戸ナンバーに変更する必要があります。

申請には専用の申請用紙と譲渡元(個人)と譲渡先の実印とそれぞれの印鑑証明書が必要になります。

ガレージの場所が変わるような場合は、警察署で車庫証明を取得してそれも添付書類として提出する必要があります。

所有者の変更

車検証には、所有者と使用者の欄が存在します。

通常、個人で車を購入した場合、所有者も使用者も個人になっています。

それぞれ意味はあるのでしょうが、所有者に税金が加算され、車庫証明は使用者の本拠から2キロ以内になるといった特徴があります。

とりあえず法人の節税目的ということであれば、所有者のみを法人に移動させておけば良いと思います。

私はそうしました。

使用者も変えるとなると、車庫証明も法人で取得する必要があります。

そうなると、ガレージの契約書なども法人名義にする必要があったり、任意保険の契約にも影響してしまいます。

ナンバープレート

普通車の後ろのナンバープレートの左上には、管轄の運輸局の封印がされています。ちなみに、軽自動車にはこの封印はありません。

これは、ナンバープレートを変更する場合に必要な作業になりますが、陸運局の中の駐車場で自力でナンバープレートを付け替える必要があります。

兵庫陸運部では、プラスドライバーとマイナスドライバーを貸して貰うことができます。

まずは、プラスドライバーを借りて自分でナンバーを外します。

しかし、ネジがバカになっているのか、なかなか外れません。

仕方なく、案内板にあった近くの整備工場に車で移動しました。

特にサービス窓口があるというわけではなく、職人のおじさんが現れ工具を無料で貸してくれました。

そして、駐車場に戻り、ナンバープレートを外して申請を再開します。

しばらくして、新しいナンバープレートが発行されます。

次は、マイナスドライバーに交換して貰い、また、自分で新しいナンバープレートを取り付けて、その後、係の人に神戸のマークを封印して貰い、作業は終了です。

午後の時間がほぼ潰れてしまいましたが、初めて自分で車のナンバープレートの交換を行いました。

行政書士登録していなかったら、自分ではやっていなかったと思います。

まとめ

引っ越しをした場合、車の車検証の住所を変更して、新しい車庫証明を取ってナンバープレートを交換する必要があります。

ただ、すぐに罰則があるかと言われるとそうでもないので、そのまま乗り続けているケースはあります。

今回のように、法人への名義変更などを伴う場合は、ナンバープレートを交換する必要があります。

 

編集後記

今日は、個人事業で確定申告のご依頼をして頂いている方々のふるさと納税の適正額の計算を行ないます。

 

息子&娘(4歳1ヶ月&0歳1ヶ月)の成長日記

娘を抱っこ紐を使って抱っこしたのですが、奥さんから聞いたことのない鳴き声をしていると笑われました。

抱っこの仕方が悪いのでしょうか。。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日はディープストレッチヨガを受講しました。

ねじりを強く意識したポージングが多かったですが、気持ち良い朝になりました。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら