ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

freee100%の会計事務所が教える使わな損!意外と知らない機能3選ースマホで確定申告、家事按分、固定資産登録ー

本題

スマホで申告

マイナンバーカードは必須。

スマホがあれば、カードリーダーが必要ない。

パソコンでデータを作成して、スマホのfreeeアプリでマイナンバーカードを読み込んで送信。

スマホは、古すぎなければ大体対応している。

ちなみに、iPhoneの場合は、7以降が対応。

マインナンバーカードの対応表はこちら

家事按分

[確定申告]メニューの[家事按分]を選択。

自宅兼事務所の家賃を30%だけ経費に入れるような場合に活用。

また、品目で「30%作業場」タブを作成することで、家賃に品目タブがついているものだけを限定して家事按分が可能。

ガソリン代など、事業用と私用の分を確定申告のタイミングで一括で分けたいような場合でも活用が可能。

固定資産登録

10万円以上のパソコンを購入した時や、事業でも使用する自動車を購入した場合などに活用できる。

30万円未満の資産は全部経費に落ちると思っている人も多いと思いますが、30万円未満の資産を経費に落とす場合は、決算書にその旨を記載する必要があります。

なので、10万円以上の資産については、基本的には全て固定資産台帳への登録が必要。

固定資産台帳に登録することで、自動でいくら減価償却できるか計算してくれて、仕訳にも決算書に必要な処理を行ってくれる。

また、自動車などは家事按分の割合を入力することで、それに応じた金額で経費化する仕訳を作成してくれる。

まとめ

・スマホで電子申告

・家事按分

・固定資産登録

今回は、通帳などのありきたりなクラウド会計の機能よりも、より突っ込んだ、自分で確定申告を行う人にぜひ使って欲しい機能を紹介しました。

freee自体も使い方を解説している動画を出してくれているので、それらを活用しながら時短をして確定申告をスピーディーに終わらせてください。

 

息子&娘(5歳4ヶ月&1歳4ヶ月)の成長日記

娘は、朝起こす時こそフガフガ言いますが、寝起きはよく、すぐにご飯を食べ始めます。

息子は、まずはYouTubeを付けてからゆっくりとご飯を食べ始めます。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、5歳の男の子と1歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

確定申告などの単発決算(受付12/15まで)こちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

行政書士メニュー

みつばち行政書士事務所では、軽貨物の許認可を取り扱っています。軽貨物の許認可のご相談はこちらまでご連絡ください。

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。