ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

【確定申告】ふるさと納税の受領証は必要ない!?ーサイトごとの発行ページまとめー

本題

ふるさと納税、いくら、肉、うなぎ、色々頼んだのはいいけど、なんか領収書がいっぱいくるぞ。

これ、全部集めて確定申告書に添付しないといけないの?

そんなことはありません。

それはあまりに非効率というもの。

以下、領収書の必要がない方法を各ふるさと納税のサイトごとにリンクページを貼り付けたので、お使いのふるさと納税サイトから、寄付金の控除に関する証明書を取得してください。

これがあれば、確定申告の時にわざわざ、ふるさと納税を行った自治体から届く受領書を集めておく必要はありません。

以下に掲載していない、ふるさと納税サイトをお使いの場合でも取得できる場合があるので、お使いの納税サイトにて、「寄付金の控除に関する証明書」の発行を依頼してみてください。

楽天ふるさと納税

こちらから発行サイトへジャンプ

ふるナビ

こちらから発行サイトへジャンプ

さとふる

こちらから発行サイトへジャンプ

ふるさとチョイス

こちらから発行サイトへジャンプ

セゾンのふるさと納税

こちらから発行サイトへジャンプ

もしxml形式しか発行できない場合

【図解付き】楽天ふるさと納税の寄付金証明書をPDFにする方法

xml形式とは、国税庁のe-taxで採用されているファイル形式になります。

この形式をPDF形式に変換する方法については、過去のブログで書いているので、そちらを参照してください。

楽天ふるさと納税のサイトでは、xml形式でしか発行できません。

その点、さとふるでは書面発行にも対応しているので非常に親切ですね。

それにしてもふるさと納税のサイトって色々あるんですね。

ただ、各自治体から届く受領証は、確定申告が終わるまでは念の為保管しておかれた方が無難です。

「寄付金の控除に関する証明書」が発行できた後は、煮るなり焼くなりしてください。

まとめ

確定申告は、知っていれば時間を短縮できることがたくさんあります。

ふるさとの納税についても、大量の受領証は必要なく、「寄付金の控除に関する証明書」だけあれば申告できます。

比較的簡単に発行できるので、今年の確定申告からぜひ活用してみてください。

 

息子&娘(5歳4ヶ月&1歳4ヶ月)の成長日記

息子と一緒にリトルナイトメア2を寝る前にやっています。

難しいところは私がやり、簡単なところは貸してと言われます。

また、息子はリトルナイトメア2のYouTube動画を見ているので、もうすぐラスボスやでーとか、音楽が鳴る部屋に入るんやでーとか頼んでもいないのにネタバレ情報をぶち込んできます。

もうすぐクリアできそうです。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、5歳の男の子と1歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

確定申告などの単発決算(受付12/15まで)こちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

行政書士メニュー

みつばち行政書士事務所では、軽貨物の許認可を取り扱っています。軽貨物の許認可のご相談はこちらまでご連絡ください。

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。