持続化給付金に関するご相談なども対応します。詳しくはこちらからどうぞ

車で事故した時に新車に買い換える理由は車両保険に入っていないから

がんばる税っ!

 

みつばち会計事務所の丸山です。

 

保険というのは難しく税理士でも保険についてはすぐに理解できないものもたくさんあり、保険を扱う保険外交員の人は複雑な法改正があって知識の補充が大変かと思います。

ネット型か代理店型か

私は、車の保険はあいおいニッセイ同和損保で自動車保険に入っています。

 

当時、会計事務所で担当させていただいて保険のエキスパートの人に教えてもらって、自動車保険については代理店方式のものに入った方が良いと言われました。

 

そこで、ネット型保険よりは割高になりますがこの保険を契約することにしました。

 

また、車両保険も入りかなり手厚い保証にしました。

 

代理店型の保険のいいところというのは、ネット型保険とは違い、その名の通り代理店となっている店舗の人に相談ができるところになります。

 

この保険に入ってかれこれ3年ほど経ちますので、車について問題があるたびにその代理店の人とらLINEでなんでも相談しています。

 

そして、決して喜ばしいことではないのですが、この保険を使う時がきてしまいました。

 

 

事故の状況

私ではないのですが(あとはご想像にお任せします。)、バイクとの接触事故を起こしてしまいました。

 

過失割合でいうとこちらが悪く、相手は膝のお皿にヒビが入って肩を脱臼してしまいました。

 

幸い命に別状がなかったことは不幸中の幸いでした。

 

しっかり相手のご家族には謝罪を行って、相手も命に別状がないので事を荒立てる事もしないとおっしゃっていただけました。

 

 

免責と保証

あとは、お金の問題となります。

 

こちらは車だったので、怪我はしていなかったのですが、相手は入院していて、バイクも大破しています。

 

過失割合いかんを問わずに保証が必要になります。

 

自動車保険の保証の順番は、まずは自賠責保険が保証されてから、足りない分が任意の自動車保険から充当されるという仕組みになります。

 

当時この保険を勧めてくれた自動車保険の先生は『一発大花火の時に保険は使ってください』とおっしゃっていましたが、まさに、今回がその時になりました。

 

ただし、一度保険を使用すると3等級下がってしまうため、年間の保険金額は上がってしまう事は仕方ありません。

 

 

車両保険

次に、今回のメインテーマである車両保険の話になります。

 

車両保険をつけるかどうかで保険金額はかなり変わります。

 

保険会社によっては、年間金額が倍ほど変わってきます。

 

車両保険に入っていれば、今回のように過失割合がこちらの方が悪い場合でも免責20万円の負担で修理をする事ができます。

 

もし、車両保険に入っておらず、修理しなければいけないような場合は、過失割合によって自己負担金額が発生してしまいます。

 

じゃあ、修理代が30万円かかるのであれば買い換えてしまおうという判断になります。

 

それこそ、自動ブレーキのついた車にしようかなと。

 

この時も、馴染みの代理店の方にかなり突っ込んだ内容で相談できたので、多少割高になりますが、私はネット型保険より代理店型の方が良いと思います。

 

ちなみに、修理は『尼崎 車 修理』で1番上に出てきた修理工場に持っていきました。

 

事情を話すと、社長が対応してくれて「全部任せてると保険会社に言っといて下さい」と話も早いものでした。

 

 

編集後記

昨日は、リモートワークについてのセミナーと、法務局に自社の印鑑証明を取りにいきました。登記簿謄本はオンライン申請しました。

印鑑証明についてオンライン申請する場合は、電子証明書の発行で法務局に結局いかないといけないため取りにいきました。

兵庫県の保育園から自宅で見れる場合は見るように要請があり、今日から完全に在宅勤務となります。

 

息子(2歳7ヶ月)の成長日記

保育園の影響もあるのか、着替えはオムツ以外は自分でできるようになりました。

 

裸になったところで、オムツを履かせてあげれば、あとは自分で着替えてくれます。

 

なんか違うになっていると言って、前後が違う事はありますが。

尼崎市立尼崎高校から北に徒歩3分ほどで開業中の税理士です。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計23人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆