ひとり初ロケ、初自撮り棒、初物づくし

本編

初ロケ 笑

と言いますか、先ほど公園で動画撮影を行いました。

院卒税理士チャンネルの休止のお知らせと、会計事務所の内見に行くのオープニング動画になります。

先日、今年の正月から配信していた院卒税理士チャンネルの動画配信を休止をブログで発表しましたが、その動画バージョンを撮影しました。

YouTubeの定期配信を休止します

というのも、ブログとYouTubeの視聴者が違うこともありますし、最近しているYouTube動画の研究をしていて、突然配信を辞めている人が多いこと何の。

正直、勝手に配信を始めて、勝手に配信を辞めるのは、チャンネル登録をして頂いた方に失礼なことだと思いました。

それも、私のチャンネル登録者(357人)より全然多い1万人超えの人なども1年前の配信してそれっきりという人も何人もいました。

それを見て、今回、休止動画を撮ろうと思いました。

芸人さんが謝罪動画などをアップロードすることがありますが、そんな感じです。

また、復活の日取り(12月2日(水))も発表しました。

それまでに配信の方向性を考えようと思います。

公園で撮ろうと思ったきっかけは、今日は、会計事務所の内見に行く予定で、外に出るということもあったので、ちょうど良いなと思って、初めて公園で撮影を行ったというわけです。

初ロケの感想はというと、線路の隣の公園はあかんということです 笑

当然と言えば当然ですが、休止のお知らせ動画を撮っている間も合計3回阪急電車が通って、その度に話が遮られました。

まあ、動画に予想外の味付けができたと考えればそれもありかもしれません(ただただポジティブ)

ただ、一言言いたいことは、朝の公園は超気持ちが良いということです。

2本目の動画は公園を替えて、別の公園で撮ったのですが、太陽が眩しく、植物も多く普通に気持ち良かったです。

1つ目の公園のベンチの足下は、タバコの吸い殻が落ちていて、動画には映っていませんが、あまり良い環境ではありませんでした。

あと、今日の撮影のために、昨日、近くのヤマダ電気に行って、人生初の自撮り棒を購入しました。

観光地などで自撮り棒を片手に脇目を気にせず、キャッキャ言っている人を見て、チッと思ってしまう自分が、まさか自撮り棒を買うことになるとは夢にも思っていませんでした。

ただ、自撮り棒という名前の通り、自撮りをするためだけに作られたこの棒は最高に自撮りに向いています。

まあ、自撮り棒が自撮りに使えなかったら、直立しているイライラ棒です。

この棒は、平成の大発明じゃないかとさえ感じる棒でした。

棒、棒、何回言うとんねんと行った感じになってしまいました。

しかし、初ロケに行ってみて、結果的には大満足でした。

マイクを使わず音声がしっかり入るかどうかの不安がありましたが、スマホ(iPhone11)に向かって喋っているとしっかり拾ってくれますし、スマホのインカメラで撮ったのですが、手ブレも抑えられていて、その心配は喜憂に終わりました。

ただ、iPhone11は少し重いので、自撮り棒メインで動画撮影を考えている人は、iPhone11SEでも良いかもしれません。

昨日は、ヤマダ電気で、iPhone11SEの手にすっぽり収まるサイズ感を見て、外でも撮影には最適だなと感じました。

 

 

編集後記

今日は、税務調査の修正申告書の電子申告と、事務所移転の下見をする予定です。

 

息子(3歳2ヶ月)の成長日記

家に、子供が入れるサイズのテントを置いているのですが、その中から、手を振る姿がとても可愛いです。

 

レッツゴージャイアンツ

10月28日VS横浜 負け

投手陣と守備陣が崩壊。

序盤から横浜打線の猛攻を浴びる展開でした。

しかも、レフトで初先発の増田がまさかの落球。

これでは勝てません。

昔、金本アニキが残した「フライが取れんようでは高校生に笑われる」の言葉を思い出して、YouTubeでブチギレ集を見返してしまいました。

阪急塚口駅南に徒歩5分ほどのビルで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

毎週土曜日開催 freeeで確定申告オンラインセミナーについては、こちら

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計26人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆