ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

クラウドだから記帳しやすいではなく、クラウドだから専門家に繋ぎやすい

本題

freeeを使っている税理士先生はどれぐらいいるでしょうか。

freeeを使っているけど、弥生も使っているよという方も多いと思います。

私の周りの税理士もほとんどは弥生会計を使っています。

よく、クラウド会計だから記帳が簡単になりましたというような記事が、あちらこちらで囁かれています。

その度に税理士から、いやいやクラウドだから記帳が簡単との主張は辞めてくれと言ったことも言われてます。

フリーランス協会なるものがあって、こちらでもクラウド会計の普及で記帳が簡単になったと言われ、フリーランスの会計記帳を促進するような主張がされています。

フリーランスの記帳実態についてはこちら

クラウド会計の利点

クラウド会計の利点は、なんといってもネットバンキングとの連携です。

これは、弥生会計のインストール型のソフトとは決定的な違いになります。

弥生会計(インストール型)でも、ネットバンキングからcsv形式の明細を取得すれば、比較的簡単に取り込みをすることができます。

しかし、クラウド会計はcsv形式の明細を取得する手間すら必要としません

csv形式の明細を取り込む時に、会計上最も注意しなければいけないのが、2重計上です。

例えば、5月の明細をすでに取り込んでいるにもかかわらず、また5月の明細を取り込むといったことが2重計上の主な原因になります。

このミスを、クラウド会計であればほぼ完全に排除することができます。

なぜかというのは、システムの話になりますので、割愛しますが、簡単にいうとクラウド会計のfreeeを使うと、銀行の明細と全く同じものが自動で会計ソフトに再現されます。

これがクラウド会計ソフトの最大のメリットです。

このメリットは、銀行口座が複数あるような会社で最も効果を発揮します。

従来のソフトでは、手間とコストが掛かったことが掛からなくなるため、銀行連携をきちんと行っている会社ではクラウド会計freeeを使うメリットはあります。

手間とコストが少なくなるということは、税理士報酬も下げることができるということにも繋がります。

記帳とは

なぜ、税理士がクラウド会計で簡単に記帳ができますというフレーズを嫌がるのかというと、それは、このような記事を書く方のほとんどが会計事務所で実務の経験を積んでいないからだと思います。

記帳と一言で言っても、その意味するところは一言で言い表せないぐらい深いものです。

税理士が考える記帳とは、

  • 銀行、クレジット、領収書全ての原始資料からのデータが会計ソフト完全に反映されている。
  • 売上と仕入や外注などが請求書の内容に沿って発生主義で反映されている
  • 売掛金、買掛金、未払金が取引先ごとに正しく消し込みが行われている
  • 月次決算を行う場合に、貸借対照表の残高が全て正しい(マイナス残高は論外)
  • クレジットと領収書の2重計上がない
  • 消費税の税率区分が正しい

少なくとも上記が全て満たされている状態が、記帳が正しく行えていると言えます。

クラウド会計であれ、インストール型の会計ソフトであれ、単純な明細を取り込みは、ソフトの発展でやりやすくなっています。

しかし、記帳が正しくできる人は少ないため、専門家から見ると、いやいやそれは記帳とは言えませんよとなるのだと思います。

弥生会計との違い

もう一つ、クラウド会計とインストール型ソフトの違いは、資料の受け渡しが最小で済む点をあげることができます。

クラウド会計の利点のところで、freeeを使うと、銀行の明細と全く同じものが自動で会計ソフトに再現と書きました。

つまり、会計ソフト上で現在の残高が銀行の実際の残高と一致しているかどうかを確認することが容易にできます。

 

こちらは、freeeのホーム画面内の楽天銀行の表示を抜粋したものになります。

登録残高と同期残高が表示されています。

これには意味があります。

登録残高というのは、会計ソフト上で仕訳を元に登録されている残高です。

同期残高というのは、ネットバンキング上の実際の残高が表示されています。

つまり、この2つの数字が一致しているということは、会計ソフトの残高と通帳残高が一致していることになります。

決算を行うときなどは、よく、銀行から発行される残高証明書を貰うことがあります。

それは、決算日の残高と会計ソフトの残高が一致していることは確認するために貰います。

freeeであれば、クラウド上でネットバンキングの情報を取得しているため、その仕事が必要なくなります。

つまり、税理士に依頼して決算をするような場合でも、インストール型のソフトを使用する場合に比べて経営者自身の手間も減らすことができて、専門家と連携しやすくなります

まとめ

簿記は、有名な簿記検定があるぐらい専門の知識になります。

全ての人が簿記を習得していない中で、認識を共有することは難しいとは思います。

しかし、クラウド会計を使用することで、インストール型では一手間、二手間掛かっていたことが、必要なくなることは事実です。

便利なシステムというのは、使い手によってその能力の引き出され方が違います。

特にフリーランスの方には、クラウド会計をうまく活用して、時間、お金を有効に使っていただければと思います。

 

編集後記

今日は、クライアントとの打ち合わせになります。

 

息子(3歳9ヶ月)の成長日記

夜更かしが過ぎる息子に寝なさいと言いました。

最近は甘やかしすぎかなと思って強めに言うと、ベッドでお母さんにお父さんいじわると小さな声でずっとつぶやいていたようです。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日は、モーニングリフレッシュヨガを受講。

頭頂をヨガマットに押し当てる方法が前回と変わって、お辞儀の姿勢になっていました。

こっちの方が難易度は優しめで助かります。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計30人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆