グーグルのメールアカウント、GsuitとGmailの使い分け

本編

私は、メールはグーグルでしか使用していません。

グーグルで使用できるメールアドレスは、主に2種類あります。

みなさんもお使いであろうGmail(以下「Gメ」)とビジネス用のアカウントであるGsuit(以下「Gス」)の2つになります。

私はこの両方を使用しています。

今日は、この2つのメールアドレスの使い分けについて話をしたいと思います。

ついさっきの話ですが、オレンジメールというメルマガ配信スタンドを使って新しいメーリングリストを作っていました。

内容は、大学院合格者のzoom飲み会用メーリングリストになります。

何人か集まって何かのイベントをする時は、同じ内容の連絡を一斉に発信できるツールが必要になります。

でないと、いちいち、コピペで同じ文章を送る手間が発生してしまいますし、誤送信や送信漏れの危険性もあります。

で、このオレンジメールですが、発信元のメールアドレスを設定できます。

管理用のメールアドレスといったところです。

設定する際に、一旦、Gスを使ってメルマガを設定をして、テスト配信で送ってみました。

すると、いくらやっても受信フォルダで受信せず、「すべてのメール」のところにしか到着しません。

発信元を、Gメに変えてみると問題なくテスト配信が完了しました。

実は、Gメを使ったらうまく行って、Gスを使ったらうまくいかないことというはよくあります。

他に、WordPressでお問い合わせで、Googleフォームを使っています。

Googleフォームは、GメでもGスでも使うことができます。

しかし、Gスで作ったGoogleフォームをいざ、WordPressに貼り付けようとすると、なぜかフォームが表示されません。

このように、なかなかうまく使いこなせないGスですが、仕事上は大変重宝しています。

やはり、仕事のメールとして、初対面では特に、@Gmail.comではカッコがつかないというか、ちゃんとした会社なのかといった見られ方をしてしまいます。

なので、弊社の連絡先メールとしては、「skycloud@marutomo06.com」を使用しています。

通常の仕事用メールとしては、何ら不自由なく使えています。

さらに、最近休止を発表したYouTubeの設定メールはこちらのGスを使っています。

こちらは非常に使い勝手がいいです。

Gスを使うとアカウントの名前を変えなくても、自由にYouTubeのチャンネル名を設定することができます。

しかも、いくつか設定ができるため、1つのアカウントで何個かチャンネルを作ることができます。

これが、Gメでは、アカウントの名前がそのままチャンネル名になるため、普段「税理士 丸山友幸」のような名前でメールをしていたら、チャンネル名もそのまま「税理士 丸山友幸」となってしまいます。

逆に、チャンネル名を「院卒税理士チャンネル」にしたら、メールを送る時にこの名前で送られることになるため、GメでYouTubeを運用する時は、それ専用のアカウントを1つ作る必要があります。

なので、現状、Gスの契約して月数百円払って使っていて、他のシステムとのが互換性の面で不安な面もありますが、今後もGスを使い続けて行きます。

 

 

編集後記

今日は、セミナー資料の作成を進めて行きたいと思います。

大学院合格生のメーリングリストを作成しました。

 

息子(3歳1ヶ月)の成長日記

昨日は、私も早めにベットに行きました。

珍しかったのか、いつもは奥さんの方で寝るのですが、昨日は私のお腹を枕代わりにして寝てくれました。

 

レッツゴージャイアンツ

昨日はドラフト会議でした。

巨人はこのところくじ運がありませんね。

近畿大の大型内野手の佐藤選手を1位指名しましたが外れてしまいました。

結果的に阪神がくじを引き当てました。

矢野監督は、4番大山、5番佐藤なんて打線を思い描いてそうですね。

サードのポジションが被るので、佐藤選手が外野でみたいな感じですかね。

うわー、巨人打線でこれやりたかった。

阪急塚口駅南に徒歩5分ほどのビルで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

毎週土曜日開催 freeeで確定申告オンラインセミナーについては、こちら

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計26人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆