インボイスはいつまでに申請すれば良いかを税理士が解説、法人が少し有利か

本題

2023年9月30日までに申請

いよいよ、インボイス制度の開始日が迫ってきました。

まだ、どちらにしようか迷われている事業者の方も多いのではないかと思います。

そこで、いつまでに申請すれば良いのかを解説させていただきたいと思います。

結論から言えば、インボイスが開始になる10/1の前日である9/30(土)になります。

ただし、ここで問題になるのが、番号の通知時期になります。

インボイスというのは、申請したら、すぐに番号が発行されるというものではありません。

電子で申請するのか、紙で申請するのかで、以下のように番号の発行タイミングが異なります。

もちろん、電子の方が1ヶ月半ほどと早く通知され、書面提出であれば3ヶ月ほど掛かってしまいます。

番号がない期間の対応

なので、例えば9/30(土)に電子申告で申請をした場合、10月の中旬ぐらいまでは番号が分からないという状況が続くことになります。

その場合は、番号は分からないけど、インボイス発行事業者というふわっとした状態になります。

このような段階では、取引先に番号を通知することができないため、一旦はインボイスの番号のない請求書を発行して、あとで通知が来てからお知らせすることになります。

法人は例外か?

先ほど、番号が分からない場合と説明しましたが、法人については状況が少し違います。

それは、法人のインボイス番号は法人のマイナンバーと決まっているからです。

つまり、法人が9/30(土)に申請をすると、番号の通知がなくても10/1からインボイスの発行事業者とみなされ、番号は通知を受けなくても決まっているので、取引先に通知することは可能ということになります。

ここが、通知を受けていないのに取引先にインボイス番号のついた請求書を送っても良いのかについては疑問が残るところです。

2023年10月1日以降に申請する場合

では、10/1以降にインボイスの申請を行う場合は、どのような申請手続きとなるのでしょうか。

この場合、申請の翌日からインボイスの発行事業者になることはできません。

申請書の提出日から15日以降の任意の日付を選択して記載することで、その日付からインボイスの発行事業者となることができます。

9/30(土)までに提出した場合は、10/1から適用されるのは特別な措置になり、通常であれば、申請から登録までには約2週間が掛かるということになります。

(参考)国税庁HP申請手続

今回の内容は、国税庁HP(2023/06/30時点)を参照しております。

今後、内容に変更があることも考えられますので、インボイス申請の際は、以下のサイトを確認して頂ければと思います。

申請手続」

まとめ

インボイスの申請手続きについては、9/30までと10/1以降で申請から反映までのタイミングが変わります。

逆に、今、インボイス申請をしようかどうしようか考えている方は、一応の期限として9/30を抑えておいて、10/1から番号を取得したい個人事業者の方はインボイス番号の発行までに2ヶ月程度掛かると考えて、余裕を持ったタイミングでの申請が必要になります。

また、10/1以降は、申請日から15日以降を適用日として、申請をすることができます。

 

息子&娘(5歳10ヶ月&1歳10ヶ月)の成長日記

娘はまだまだ人見知りを発動します。

おばあちゃんのいる施設に行くと、お友達が2人来ていました。

これにびっくりして、固まっていました。

最後は、お友達のうち1人だけとハイタッチをすることができました。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

令和5年度 確定申告のご依頼はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。