ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

社保大幅削減!ミニマム法人(ひとり代表)を設立する本当の理由を話します

本題

法人成りすると社会保険が鬼

モデル:夫婦2人(32歳)子供1人専業主婦で720万円利益のある自営業

 

社会保険のキャッシュフロー

役員報酬の約3割が社会保険

毎月60万円(年間720万円)の3割が保険料

18万円✖️12ヶ月=216万円

(内訳)

11万円(厚生年金18%)、7万円(健康保険12%)

年換算:厚生年金132万円 健康保健84万円

※奥さんを社会保健の扶養に入れることができる。

 

自営業者のキャッシュフロー

国民健康保険(大阪市) 63万円

国民年金 16,540円✖️2人✖️12ヶ月=40万円

合計  103万円

 

法人設立する理由

法人で月5万円で役員報酬を設定

役員報酬 年60万円

(大阪府)

22,031✖️12ヶ月=27万円

6千円(厚生年金)、1万6千円(健康保険)

奥さんを扶養に入れる。

個人所得500万(士業事務所)

国保の加入義務なし

※個人、法人2つの会計処理が必要

 

補足

会社を2つ設立して、代表取締役として2社から役員報酬を取ると、合算した役員報酬に対して社会保険が計算されます。

また同様に、サラリーマンで法人を設立した場合も社会保険に強制加入になります。

 

まとめ

法人を設立すると、法務局に登記されるため、年金事務所からすぐに社会保険の加入通知が届きます。

法人は社会保険が強制加入になります。

社長の社会保険の負担は、役員報酬の約3割になります。

毎月徴収されるため、会社にとっては非常に重い負担になります。

 

編集後記

今日は、税理士会の研修をこなそうと思います。

 

息子(3歳5ヶ月)の成長日記

荷物泥棒をします。

郵便がくると、パクって、勝手に開け出してしまいます。

 

ヨガ日記

今日も朝7時から太陽礼拝を受講。

先週の先生から新しい先生に変わりましたが、気持ちよくレッスンを受けることができました。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計30人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆