ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

ミニマム法人で補助金の活用もあり

保育園にて息子と友達が書いたひまわり

本題

新たな収入源の確保

ミニマム法人を設立を検討される際に、最も相談が多いのが、ミニマム法人の売り上げを作るにはどうすれば良いですかという質問です。

諸々と方法はありますが、ベストな方法は新しく設立された法人で新しい売り上げが1本できることだと思います。

例えば、700万円ほどの所得があるとして、その売り上げを600万円と100万円にきちんと分割して100万円をミニマム法人の売り上げとすることも方法の1つです。

しかし、元々700万円の所得だったところに全く新しい売り上げを100万円作ることができたら所得のベースを100万円上げることができます。

小規模事業者持続化補助金

しかし、簡単に新しい売り上げを作ることができれば、誰も苦労はしません。

新しく売り上げを作るには、経験も必要ですし、何より買ってくれる人を探す必要があります。

そこで活用したいのが、小規模事業者持続化補助金です。

この補助金は、その名の通り、小規模な事業者の事業拡大を目的として国に対して申請することができる補助金です。

補助金額は、50万円〜200万円ですが、50万円だとしても初期投資に対して補助がもらえると考えるとありがたいです。

事業計画書などの作成も必要ですが、数ある補助金の中でも該当となる経費の範囲が広く通りやすい補助金と言われています。

対象経費の例

(出典)参考ページはこちらのガイドブックより参照

このように新規事業については、実に様々な経費が補助の対象となります。

ただし、パソコンや車のように、今回の新規事業のためだけでなく、それ以外の場面でも使えると考えらる汎用性の高いものの購入は該当しません。

自治体の補助金とセットで

補助金は何も国の予算だけで支給されるわけではありません。

市町村単位でも補助金が支給されることがあります。

また、国の補助金で別々の制度への申請は基本NGですが、国と自治体であれば同じ事業でも重複での申請ができる場合があります。

富田林市の創業補助金

例えば、富田林市では創業補助金が設けられています。

(出典)こちらのページの創業支援補助金チラシより引用

※ただし、こちらの補助金は、富田林市の創業セミナーを受講して、創業を開始される前の方が対象となります。

まとめ

新しい事業を始めるにあたって、50万円などまとまったお金が入る予定があれば、思い切った経営の舵取りが可能になります。

このような攻めの姿勢で法人経営を行う方法もあります。

弊社では、補助金の申請代行も取り扱っていますので、お気軽にお問い合わせください。

 

息子&娘(4歳10ヶ月&0歳10ヶ月)の成長日記

娘が5歩ぐらい歩けるようになりました。

立ち姿も以前より安定してきました。

しかし、まだフラフラするので歩き姿を見るとヒヤヒヤします。

後頭部のハチさんの衝撃吸収クッションが活躍しています。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら