アスクルvsヨドバシカメラ 事務所備品の発注はどちらですべきなのか?

まいどおおきに!

税法大学院合格コンサルタントのTOMOYUKIです。

事務所備品の発注は何でされているでしょうか。

私は100%ネットで配達して貰っています。

私が主に使っているのがアスクルとヨドバシカメラになります。

似ているようでそれぞれ特徴があります。

一番大きな違いは、ヨドバシカメラは価格に関わらず配送料が無料に対して、アスクルは1,000円以上で配送料が無料になります。

1,000円未満の場合は324円かかります。

それでは、私がよく使う備品で両者のどちらで購入するのがお得なのかを見ていきたいと思います。

ROUND1 キングファイル

キングファイルというのは、書類を綴じるための専用のファイルになります。

記帳代行をする会計事務所では必須のアイテムになります。

公平を期すため型番を揃えて比較したいと思います。

今回比較するのは、私も使用している両開き出来るキングジムさんの50mm幅の1075BFになります。

アスクルの場合

2冊で1,036円(税込み)になります。

1冊あたり、518円です。

ヨドバシカメラの場合

値引きされていて、362円(税込み)になります。

結果

配送料が無料の上、1冊から購入できて安いヨドバシカメラに軍配があがりました。

 

ちょっと待った~!

アスクルには、自社ブランドの商品があります。

同じ両開きのとじ厚50mmのキングファイルが販売されています。

それがこちらになります。

こちらの価格は294円(税込み)になります。

キングジムは文房具業界で不動の地位を獲得していますが、メーカーにこだわらないということでしたら、このアスクルさんのオリジナル商品でもいいかもしれません。

こちらも使っていますが、まったく問題なく使えています。

ただ、忘れてはいけないのが、アスクルの場合1,000円以上じゃないと配送料が掛かってしまいますので、ある程度まとめ買いをしないと損をしてしまう場合はあります。

 

 

 

ROUND2 テプラテープ

最近は、リコーさんのテープいらずで印字できる商品も増えていますが、まだまだキングジムさんのテプラを愛用している方は多いと思います。

そして、テプラはテープをどんどん消耗していくので、テプラをよく使用する事務所では定期的にテープを発注する必要があります。

このテプラテープについて、どちらで購入するのがお得か見ていきましょう。

今回比較するのはテプラPROのカートリッジSS12K(白12mm)になります。

アスクルの場合

1個売りの場合は、793円(税込み)。

10個のまとめ買いの場合は、7,408円なので1個あたり741円(税込み)。

30個のまとめ買いの場合は、21,222円なので1個あたり708円(税込み)

 

ヨドバシカメラの場合

値引きがされていて、1個売りで724円(税込み)。

5個パックの場合は、3,550円(税込み)なので1個あたり710円(税込み)

 

結果

ヨドバシが安いが、30個まとめ買いする場合は、アスクルが少しだけお得。

ちなみに、まとめ買いする場合は1,000円以上になるので、アスクルも配送料は掛からない。

テプラの場合は、キングファイルの時のようにオリジナル商品を作るわけにはいかないので、単純な価格勝負になってしまいます。

ここでは、オリジナル商品を作れないアスクルにとっては分の悪い戦いになってしまったようです。

 

 

 

ROUND3 DVD-R

最近、私も購入させて頂いたのですが、ヨドバシカメラさんの方で鬼コスパの商品を見つけました。

それが、こちらの商品です。

50枚入りでなんと900円(税込み)でした。

一枚あたり脅威の18円です。

こんなん、何枚でも使ってしまいますよね。

うまい棒並みの価格です。

アスクルさんの方でも同じ商品があるのか確認をしてみました。

あるいにはあったのですが、10枚入りで334円(税込み)でした。

1枚あたり33.4円。

このように、同じ商品でも枚数が違ったり、単価も違う場合があるので、文房具を発注する場合は、『今日はどっちのスーパーが安いかしら?』という感覚でどっちも確認した上で購入されるといいと思います。

 

 

 

アスクルおすすめの差額調整商品

アスクルVSヨドバシカメラを見てきましたが、アスクルの場合は、1,000円以上いかなければ配送料が発生してしまうわけです。

事務所が小さかったりすると、文房具が大量に必要という場面もそれほどないでしょう。

そんな場合は、1,000円にいくように差額を調整するための商品も揃っています。

商品をカゴに入れると、以下のような画面が表示され『ついで買い』を促していきます。

この前私が、差額調整のためついで買いしたのが、茎わかめになります。

398円というもうちょっとで1,000円にいきそうという時にちょうどいい値段設定になっています。

他にもいろいろと差額調整できる商品は揃っています。

アスクルでは、少し自虐的かもしれませんが、このような楽しみかたも出来ます。

 


 

まとめ

今回、検証してみて思ったのが、横綱のヨドバシに対して小結のアスクルがあの手この手で挑んでいるような印象を受けました。

あとヨドバシカメラには10%還元のゴールドポイントもありますから、その差はより鮮明なものになります。

しかし、アスクルにはオリジナル商品という通称PBがあります。

なので、アスクルを活用する際は、新しいPB出ていないかなという視点で活用してみるのもいいのかもしれませんね。

 

 

息子(1歳11か月)の成長日記

手足口病にかかって約1週間ですが、体全体の腫れはだいぶひいてきました。

 

一日一新

税理士会へ登録申請書類を提出

尼崎市富松町の開業税理士。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

7名の方を税法大学院に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。


 

☆研究計画書作成には必須☆