ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

インテル製mac book Airをメルカリで45,000円で売却

本題

Appleでの下取りを検討

m1macが欲しくて2台持っていたmacのうち1台を売却しました。

もちろん初期化が必要です。

初期化の方法については、また別の記事で書きたいと思います。

しっかり初期化をして、出荷時の状態に戻しました。

Macについては、比較的簡単に初期化が可能なので、出品しやすいです。

売却したのは、2018年インテルチップのmac book Airです。

充電回数28回というのは、正規のショップでバッテリーを変えています。

バッテリー交換についても商品説明にしっかり記載を行いました。

なので、macでよく懸念されるバッテリー持ちもよく、まだまだ使えるモデルです。

しかし、Appleストアで下取り査定に出すと22,000円と表示されます。

年式とm1が発売されていることを考えると妥当とも言えますが、購入時はメルカリで13万円以上した商品ですから、納得できませんでした。

しかも、だいぶカスタムしていました。

まず、USキーボードで、ファーストガジェットさんの無刻印シールを貼っています。

さらに、角度を調整できるマジックスタンドをつけています。

これを外してしまうと、シールのはがし跡が汚く残ってしまいます。

Appleの下取りに出したら、予想ですが下取り金額はかなり減額されると考えていました。

22,000円が限度額なので、下手すると1万円以下の可能性もあり得ます。

充電器も付ける

そこで、Appleで下取りで出すのはやめて、メルカリで売ることにしました。

いざ売ると決まってから、私がしたことは、まずはm1macを購入することでした。

これは、Amazonで購入することにしました。

新品が11万円で売っていたので、それを購入しました。

本当に安くなりましたね。

そして、届いたmacの初期設定を行なって、売却するmacを見ながら必要なデータを新しいmacに移行しました。

これは、売る時のコツですが、mac外箱は置いておいた方がいいです。

そこに、新品macについている充電器とコードをそのままセットで販売すると売れやすいと思います。

こんな感じで、取っておいた外箱に新品の充電セットを入れて出品を行いました。

そして、ヤマトのパソコン宅急便で送りました。

メルカリにmacで溢れている

と一件落着したわけですが、実は、メルカリにはmacで溢れかえっています。

年代もスペックもバラバラです。

少し悪質なものでは年代を記載していないものもあります。

Macに詳しければ、写真を見れば大体の年度は分かりますが、安いと思って飛び付いたら、かなりの旧式を掴ませられることもあるので気を付ける必要があります。

基本的に、年式を証明する写真と年式が明記されていない商品には手を出さない方がいいです。

メルカリには優良な販売者もいますので、そうゆう人から購入するようにしましょう。

まとめ

Macはとても再販売のしやすい商品です。

カスタムしていてもフリマであればそれなりの価格で販売することもできます。

外箱を取っておく、充電器を付けるなどすると販売できる可能性がグッと上がります。

 

編集後記

今日は、法人の決算進めます。

 

息子&娘(4歳7ヶ月&0歳7ヶ月)の成長日記

娘の離乳食をあげていますが、息子が積極的に参加してきます。

柔らかいスプーンであげているのですが、時々、爆量を盛るので、注意します。

本人は、動物園でエサやり体験のような感覚なのでしょうか。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日は、代謝アップトレーニングを受講。

息子が始め乱入してきました。

すぐ飽きてしまいましたが。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

株式会社の定款認証代行はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら