YouTube用のiPhone用マイクは無線でなく有線がベストか

本題

YouTubeを3年ほど撮影してきて思うのが、マイクの重要性です。

日常には、音が至るところから発生しています。

マンションであってもそれは例外ではありません。

なので、YouTubeを撮影する際は、できるだけマイクを使って必要な音だけが入るようにしています。

以前撮影した動画では、赤ちゃんの鳴き声が入っていました。

それは論外として、マイクを使うというのは大事です。

無線のメリット

最近までは無線のマイクを使っていました。

私は撮影を全てiPhoneでやっているので、ライトニング端子に対応したマイクを購入しました。

Amazonなんかで、2,000〜3,000円で販売されてるのでそこまで高くはありません。

メリットは主に以下の点です。

  • カメラから離して使える
  • コードがないのでかさばらない
  • 意外と音質は途切れない

当然ですが、無線のメリットはコードがないことです。

これによるメリットは使用時に現れます。

それに音質は意外と綺麗です。

デメリット

一方、デメリットは主に以下の点になります。

  • 紛失のリスク
  • 充電を忘れる

録音するためには、マイクと受信機の2つの部品が必要になるため、どちらか片方がなくなると鉄クズと化します。

実際、マイクの方が紛失しました。

また、マイクは独立しているため、充電が必要になります。

これが、面倒です。

小型なほど充電の容量は少ないため、こまめな充電が必要です。

充電の残量の確認もやりにくかったので、途中で充電が切れて録音ができていなかったこともありました。

有線マイクを購入※iPhone14では使えません

一番は、マイクの方が無くなったことが原因ですが、マイクを買い替えました。

無線マイクの反省を活かして、今度は有線のマイクを購入しました。

撮影の際のカメラとの距離を考慮して、コードの長さは3mのものを選びました。

実際に届いた商品を見てみると、コードがしっかりとしていて、引っ掛けて切れることもなさそうです。

充電も必要ないので、充電を忘れて撮れないということもないでしょう。

しばらくは、この有線マイクを使ってみようと思います。

まとめ

動画撮影において、周辺の音というのは、邪魔でしかありません。

そこで、マイクの利用というのを考えたときに、有線、無線とメリットデメリットがありますが、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ちなみに、以前私が使っていた無線のマイクもリンク貼っておきます。

 

息子&娘(5歳7ヶ月&1歳7ヶ月)の成長日記

息子がスイッチでニャンコ大戦争のゲームをやっているんですが、初めは調子よく進んでいたのですが、だんだん難しくなってきて、機嫌が悪くなってきました。

嫌になったら辞めてもいいと思うので、見守っています。

その後は、トミカで遊んでいました。

難しいものを無理にやらなくても良いのかなと思っています。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

令和5年度 確定申告のご依頼はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。