タントの介護車両をレンタルして父を施設へ移動しました

本題

脳卒中で去年の夏ごろ自宅の前で倒れて以来、ずっと病院療養中だった父が退院となったので、施設に移動することになりました。

退院と行っても、リハビリの効果はあまりなく、右半身はほとんど動かすことができない上に、発音もまともにできません。

なので、入院期間に期限が来たための退院ということになりました。

リハビリで効果も現れる人もいますが、効果が現れない人もいます。

父は、完全にメタボで高血圧だったので、原因は明白です。

自分も生活習慣病には気をつけたいと思います。

病院は、面会制限があって、直接面会はいまだにできていなかったので施設に移ることで面会が自由にできるので、いままでよりかは父のストレスも軽減されるかと思います。

それはさておき、初めて介護車両というものを使用しました。

タントの介護車両になります。

うまいことできていますね。

後部座席は、こんな感じで車椅子が収納できるように改造されています。

座席が折りたたまれているため、4人乗りとしても使うことができます。

ええ感じで阪急電車とのコラボショットが撮れました。

バックドアを広げると、車両下部がトラックの荷台のように倒すことができ、スロープをこのようにおろすことができます。

このように、ウインチ操作のリモコンがついているので、車椅子をスロープの下に持ってきてから、前にウインチを引っ掛けて、車椅子を引き上げながら収納することができます。

父は体重が70キロ以上ありがっちり体型なので、ウインチがないと1人で乗り込ませることは困難なので、このウインチは重宝します。

車椅子を車内に入れた後は、転倒防止の役目も果たします。

そして、後ろからも車椅子を固定するベルトを噛ませることができます。

さらに、車椅子用のシートベルトもあるので、走行中も安全に父を移動させることができました。

阪急塚口駅周辺で何軒かレンタカー屋さんに問い合わせをしましたが、なかなか福祉車両の取扱店舗がありませんでした。

ようやく、サンコーレンタカー尼崎営業所さんで借りることができました。

取扱店舗が少ないので、もし利用をお考えの際は、早めに予約を入れることをお勧めします。

ちなみに、タントの福祉車両は保険料込みで6時間8,600円でした。

私は安いと思います。

他にも、シエンタの福祉車両やワゴン車の福祉車両などもあるということで、また父の件で利用させていただくことがあると思います。

サンコーレンタカーのホームページはこちら

 

息子&娘(5歳7ヶ月&1歳7ヶ月)の成長日記

娘が牛乳のことを「にゅうにゅう」と言います。

小さいコップに「にゅうにゅう」を入れてあげるんですが、なかなか飲まず、挙句の果てにパソコンのすぐ近くでこぼされるのでヒヤヒヤしています。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

令和5年度 確定申告のご依頼はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。