ミニマム法人の税理士顧問サポート強化中!

レンタルオフィスから事務所移転の仮想レイアウトを考えるのは楽しい

本題

祭りは、準備が楽しいと言いますが、今、結構真剣に事務所移転を考えています。

今は、駅に近い場所にあるレンタルオフィスで営業をしています。

値段はかなり安く利用しているので、固定費はかなり安く助かっています。

それなりに満足しているのですが、現在のクライアントで電車を使って定期的に打ち合わせを行っている方は1人だけになります。

たまに、お越しいただく方で電車利用の方もいますが、ほとんどのお客さんは車でお越しになります。

だから、駐車場付き物件を検討していました。

なので、前々から事務所の移転は考えていました。

私は記帳代行も受けているので、作業面も考えるとテナントを借りることを検討しています。

そこで、上記のような事務所のレイアウトを考えてみました。

実際に契約する事務所の間取りにもよりますが、私のこだわりが詰まっています。

まずは、応接部屋です。

クライアントさんがお越しになった際は、すぐに目につく場所に陣取っています。

これは、私の一番のこだわりのスペースになります。

ローテーブルにソファの組み合わせで、クライアントさんにゆっくりと話をしてもらえるように考えました。

イメージ的に気になったのは、LOWYAさんの120cm幅のローテーブルです。

実は、これ昇降式になっています。

一人で作業する場合でも重宝できるすぐれものです。

クライアントさんの到着を待ちながら、微調整などの作業をするイメージができます。

このローテーブルに合わせるのは、一人用ソファーになります。

これなんかどうでしょう。

黒で合わせることで、シックな感じの応接室になると思います。

次に180cmのパテーションで区切った仕事部屋ですが、机と椅子については、今、自宅で使っている昇降できるスタンディングディスク(タンスのげん)と丸椅子のセットで良いかなと思います。

今は一人なので、もう少し忙しくなったら、パートの方を募集しても良いかなと、その時に同じ机と椅子をワンセット購入ということで、仮にしています。

右側の棚には主に記帳代行を行っているクライアントさんの領収書などを綴ったファイルを置きます。

これも、スペースの有効利用をしたいので、A4のキングファイルがギリギリ入るものを壁際に置きたいです。

左側には、デュアルモニターとスキャンスナップなど記帳代行に必要な機器をセットして置きます。

左側の棚には、電子証明書や文房具などをまとめておいておき、貴重品を入れる鍵付きのキャビネットも欲しいところです。

あと、やはり冷蔵庫は必須アイテムなので、小さくても良いので、一つ欲しいです。

あと、ポットと電子レンジも入りますね。

これぐらいであれば、広さ的には20平米弱でも税理士事務所は可能だと思います。

あくまで仮想ですw

最後に備品の皮算用をして終わりたいと思います。

予算予測

ローテーブル 5万円

ソファ 3万円✖️4つ=12万円

パテーション 2万円

棚(右) 2万円

棚(左) 1万円

鍵付きキャビネット 1万円

机と椅子 4万円

作業台 無料(自宅のものを流用)

冷蔵庫 2万円

ポットと電子レンジ 1万円

合計 30万円です。。

なかなかですね。

これに事務所の礼金敷金などが入ってくるので、ざっと50から60万円が必要になるでしょう。

やはり事務所移転というのは簡単にはできませんね。

人を雇うとなると、さらにパソコンなどを新しくする必要もありますね。

 

編集後記

今日は、オフになります。

 

息子(3歳4ヶ月)の成長日記

最近は下痢気味です。

まだおむつなので、ウエットシートで拭いてあげますが、お尻がヒリヒリして痛いようです。

これをいい機会にトイレでしてくれるようになると良いのですが。

 

ヨガ日記

今日もお休みです。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計26人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆