持続化給付金に関するご相談なども対応します。詳しくはこちらからどうぞ

税理士は破産ができないからこそ破産の勉強をする

がんばる税っ!

 

みつばち会計事務所の丸山です。

 

突然ですが、税理士は破産をすると登録ができませんし、登録した後も破産をすると欠格事由にあたり税理士を続けることはできません。

 

なので、税理士を続けるためには自己破産をすることはできません。

 

しかし、年間で6万人ほどの人は自己破産をされているそうです。

 

かなりの数の方が様々な理由で自己破産されています。

 

税理士の仕事をしていると、冗談半分で自己破産をしようかなと話す社長の方もいらっしゃいますが、そうならないように頑張りましょうと、表面上のことしか言えないもどかしさもありました。

 

そこで、今日は自己破産について私も知らないことがありますし、自己破産について誤解されている方もいると思うので、私が学んだ本を参考に自己破産について考えたいと思います。

自己破産

「借金をチャラにする」というイメージだが、実際には破産というのは「財産を配る(ばら撒く)こと」を意味する。

自己破産する直前に読む本。その借金、返さなくて済むかも?自己破産したわたしが教えるホントのコト

実際に自己破産をした人が書いた本で冒頭に書かれている自己破産について説明されています。

 

自己破産というのは、借金に首が回らないからそれを免除してとお願いするのではなく。

 

持っている財産で借金を返済して、それでも返しきれない場合の最終手段として裁判所の許可が下りれば残りの借金の返済が免除されるというものになります。

破産宣告を受けたうちの8~9割方は免責になるようだ。

自己破産をせずに借金を0にする方法

裁判で破産宣告を受けて初めて破産となり借金がゼロになります。

 

裏を返せば、1割ほどの方は借金をゼロにすることはできない状況のようです。

固定資産税、所得税、自動車税などを滞納している場合、いずれは必ず払わないといけない。

自己破産する直前に読む本。その借金、返さなくて済むかも?自己破産したわたしが教えるホントのコト

ただし、税金については免除することはできません。

 

これは、過去に私のクライアントの方で会社を畳んで自己破産する際にも税金については精算をしたので間違いない真実になります。

税金の滞納の場合、自己破産よりも没収の基準が厳しい。

自己破産する直前に読む本。その借金、返さなくて済むかも?自己破産したわたしが教えるホントのコト

これは、自己破産の場合は20万円未満のものは没収の対象にならないが、税金の滞納により差し押さえはそんな基準もなく、換価できる物は差し押さえの対象になってしまう。

 

士業以外でも破産ができない職業がある

代表的なのは弁護士や公認会計士、税理士などいわゆる”士業”と言われる人たちだ。
ほかにも
・生命保険募集人
・警備員
・貸金業者の登録者
・旅行業務取扱管理者
・建築業を営む者(管理者、登録者)
・公務員の特定の委員(公安委員会や教育委員会など)

自己破産する直前に読む本。その借金、返さなくて済むかも?自己破産したわたしが教えるホントのコト

こうしてみると破産をしてしまうと、結構就けない仕事がありますね。

 

これを見ると、税理士だから破産ができないとも言えそうにないですね。

 

弁護士や公認会計士の他に、警備員の方もそういう縛りがあるとは。

 

それぞれ資格や許認可の法律上の縛りかと思います。

 

主に、お金を直接的、間接的に扱う仕事が多いように感じます。

 

ただ自己破産には復権というものがあって、自己破産の手続きが終わればいろんな制限が解除されるそうです。

 

だた、税理士で自己破産をして復権ができるかと言われると、かなり厳しいのではないかと思います。

 

その理由としては、税理士の登録の際にかなり厳しい面接がありますし、会費を払って税理士会に所属していますので、そこから所属がダメと判断されれば法律上復権していても認められない可能性もあります。

 

 

やっぱり破産にはリスクがある

今回参考に破産を勉強するために参考にさせて貰った本になります。

 

実際に自己破産をされた家庭を持つ著者が自己破産についてメリットとデメリットをわかりやすく解説されていました。

 

確かに借金がチャラになるメリットについて書いていました。

 

しかし、クレジットカードが作れなかったり、新たにローンを組むことができなかったり、上記に記載した就けない仕事があったりとデメリットも多くありました。

 

1番良いのは借金をしても返済をきっちり行うことですが、破産は、どうしようもない場合の選択肢の1つということになります。

 

私は、税理士の職業柄、会計の知識を持っていることは現在の自分の財産状況を理解することにはとても役にたっていると思います。

 

 

まとめ

自己破産とは、財産を配るという意味。

 

財産を配っても借金を返済できない場合に、裁判で破産宣告を受けることで初めて借金がチャラになる。

 

士業以外でも破産が欠格事由になっている職業がある。

 

会計を知ることは自分の財務状況を客観的に見る上でとても有効です。

 

 

編集後記

最近は、電子書籍で体験された方の濃い情報を知れるので、良い時代ですね。

今日も、息子と一緒です。

オフなので、いつも通りメルマガ、ブログ、ツイッターの添削だけ行って、あとは、息子と自宅で遊ぼうと思います。

 

息子(2歳7ヶ月)の成長日記

昨日、メルカリで注文した未使用品のトミカのオートやまみちドライブが届きました。

 

今日開封する予定でしたが、昨日、息子にバレて、昨日から夢中でトミカを走らせています。

尼崎市立尼崎高校から北に徒歩3分ほどで開業中の税理士です。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計23人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆