ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

「電話では営業を受けていないので、メールでお願いします」は鉄板

本題

営業電話の種類

独立開業すると営業電話が掛かってきます。

感覚ですが、営業電話の種類をランキングしてみると、

1位 顧客紹介系
2位 SEO系
3位 保険系

こんな感じです。

税理士のお客さんを紹介する会社からの営業電話が一番多いです。

有名なところでは、コピー機の契約とセットで紹介の電話を掛けてくる会社があります。

2位のSEO系とは、ネット関係全般になります。

ホームページを作りませんか。

また、AI付きのホームページを作りませんかのような内容になります。

上位2つの内容がほぼほぼです。

保険については、法人の保険などで担当者に挨拶で電話をしてこられたり、最近では、直接、事務所にこられることもあります。

独立当初は聞いてしまう

独立したての時は、うまく断ることができず、営業電話を切りきれずにいました。

理由は簡単で、はい、はいと相槌を打ってしまっていました。

それに、キラーワードがなく、断る口実がありませんでした。

営業の電話を掛けて来られる人は、もちろん仕事のために掛けています。

なので、あの手この手で話を聞いて貰おうとしてきます。

それに、独立当初は不安がありますし、暇な時間も多いので、ついつい聞いてしまいます。

しかし、営業電話はほとんどの場合、必要のないことサービスの紹介なので、はっきり言って、この営業電話を聞いている時間は無駄な時間です。

鉄板トーク

今日のタイトルの鉄板ワードを使うようになったのは、つい半年ほど前からになります。

きっかけは、ツイッターです。

そこで、社労士の方か士業の方が鉄板ワードとして紹介されていました。

「電話では営業を受けていない」と言うと、ほぼほぼ分かりましたとなります。

ただ、メールを送りますと返してくる方も50%ほどいるので、「メールでお願いします」もつけます。

さらに、これを言っても、少数ですが、「メールはどこに書いていますか?」と言ってこられる方もいるので、その際はホームページに記載がありますということで、ホームページに誘導します。

やはり、ホームページを持っているというのは、こういった場面でも使えるので便利です。

最近では、携帯電話で掛けてこられる強者もいるので、番号だけでは営業電話かどうか判断するのは難しいです。

まとめ

独立をすると、どこからともなく営業の電話や郵送、メールなどが送られてきます。

中でも、営業電話は本当に時間泥棒です。

営業だと分かったら、「電話では営業を受けていないので、メールでお願いします」と言ってください。

ほんとに鉄板で効果があります。

 

編集後記

今日は、オフです。

 

息子&娘(4歳0ヶ月&0歳)の成長日記

奥さんは、以前として病院にいるので、息子と一緒にLINEで電話しています。

今日は、病院に洗濯物を取りにいくついでに、ロールケーキを買っていきました。

出産して食欲が戻ったようで、甘いものが食べたくなったようです。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日は、オフです。

 

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計30人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆