freeeAPIとは何なのか?どんな人にメリットがあるのか。

 

APIの定義

APIとは、あるコンピュータプログラム(ソフトウェア)の機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約のこと。

参考:http://e-words.jp/w/API.html

正直なんのこっちゃですよね。

 

簡単に言うとAというゲーム機とBというゲーム機があった場合に Aの方法で操作をしたものがBでも同じ動きが反映させることができる仕組みになります。

 

AがプレイステーションでBがSwitchとしたら プレイステーションのコントローラーをいくら操作してもSwitchは動きません

 

そこでAPIの登場です

 

APIを作ることでAのコントローラーで操作したことがBにも反映されることになります

 

つまりお互いのいいとこ取りをして操作のしやすい方で作業ができるということです

 

今回私が積極的に取り組んでいるのが Googleスプレッドシートと会計ソフトのfreeeの連携になります

 

これができればいちいち会計ソフトを開いて帳票を見に行かなくてもGoogleスプレッドシート上に必要な情報を持ってきて確認することができます

 

freeeAPIとGoogleスプレットシートの連動

基本的にAPIで連携させるためにはプログラムを書く必要があります

 

詳しくはもりさんんというプログラムライターの方の記事を見ていただければと思います

私もこの記事を見てfreeeAPIとGoogleスプレットシートの連携を行いました

 

まず連携をする大前提としてお互いの許可を得ないといけないのでお互いにお互いのシークレットIDのようなものを認証させてあげる必要があります

 

実はこれが意外に難しく 一応ITアマチュアの私でも2日かかりました

 

結局はプログラミング世界になりますので ITに興味がないとこの時点でつまづいてしまうと思います

 

しかもこれはAPIを使うスタートラインに立っただけで本当に重要なのはこれからになります

 

 

freeeは基本CSVとしか連動しない

freeeを一度使ったことのある人であれば分かると思うのですが freeeは基本的にCSV形式でダウンロードになり 仕訳帳などをダウンロードしようとすると一回メールで通知を挟みます

 

人によってはこの時間が無駄だと感じています

 

私もその一人です

 

スプレッドシートにデータを連携するとWEB上でデータの取得が可能になるためほとんどタイムロスなくデータの取得が可能になります

 

実はこの機能については会計freee連携アドオンというのがfreeeから提供されておりAPIを自分で連携させるよりも断然簡単に利用することができます

 

なのでCSVのダウンロードの方法の他にでfreeeからデータを取得したいという方はアドオンをまずはおすすめします

 

参考:会計freee連携アドオンで取得可能は情報

 

会計事務所でのデータ分析や社内での経営分析

会計データというのは日々の記録の積み重ねになります

 

そのデータは使い方によっては経営の将来の指標になったり現状の把握ができる大事な情報になります

 

経営分析はまた別の分野となりますが その前提として加工しやすい形でデータを素早く取得したいという思いは誰しもあると思います

 

freeeAPIはそういったニーズを満たす可能性のあるツールになると思います

 

freeeAPIで連携可能な外部アプリも【公式】freee Developersで随時紹介されています。

 

 

 

まとめ

freeeAPIとは別々のプログラムをつなぐためのプログラミング技術になります

 

プログラミングなので汎用性はめちゃくちゃ高いです

 

freee社が独自で提供してくれている会計freee連携アドオンであればいちいち会計ソフトfreeeの帳票を開かなくても決められたデータの取得が可能です

 

 

編集後記

今のfreeeAPIでの目標はスプレッドシートで作成した領収書データを現金口座に連携させるプログラムを作るということです

 

理屈から行けば出来そうですが 一筋縄では行かなそうです

 

息子(2歳)の成長日記

気に入らないことがあると癇癪を起こすことがあります

一日一新

12/2(月)のセミナー告知ページの作成公開

税務関係のスポットサービスの作成

尼崎市富松町の開業税理士。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

7名の方を税法大学院に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。


 

☆研究計画書作成には必須☆