ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

匿名で利用する場合、ココナラで仕事をする魅力

本題

ココナラをご存知でしょうか。

簡単にいうと、自分の得意なことでサービスを提供してお金を貰う、いわば、スキルのフリーマーケットができるメルカリのようなプラットフォームになります。

私は、ここで、毎月のように仕事の依頼をしています。

また、今はやってないのですが、自分でサービスを作って売っている時期もありました。

主に税理士試験や大学院の研究計画書関係のサービスを1回の相談3,000円とか4,000円とかで販売したこともありました。

そこで、今日は、ココナラを使って販売する魅力について書いてみたいと思います。

なお、私もそうでしたが、ココナラは匿名で使用していますので、今回は匿名で利用する場合の魅力についてなります。

需要があるか分かる

サムネイル1枚2,000円というサービスは分かりやすくていいですが、資金繰りについて相談を受けますと言ったサービスの場合、サービス内容が非常に分かりにくいです。

専門家がココナラでサービスを売る場合、基本的に自分の持つ知識を活用してサービスを作ります。

特に税理士のサービスというのはサムネイルのように形に残るわけではないので、サービスの内容を伝えることが非常に難しくなります。

そこで、1,000円ぐらいの売れやすい単価で、こちらもそこまで手間が掛からないようなサービスをいくつか作って売ってみます。

ココナラの販売力は半端ないので、もし、その分野で困っている人がいれば、匿名であっても売れます。

現に、私も匿名で1,000円ぐらいのサービスを販売していましたが、2、3個普通に売れました。

売れるということは、そこに需要があることがわかります。

そこそこ売れるのであれば、ココナラで単価を上げてみても良いですし、今度はそれを自分のサイトを使って単価を上げて売ってみたらいいと思います。

私も税理士試験関係のサービス以外にいろんなサービスを発売しましたが、全く売れない商品もいくつかありました。

そして、自分のサイトでサービスを売るには、LPを作ったり価格を決めたりある程度時間が掛かります。

なので、需要をある程度把握するというのは、無駄な労力を使わないためには非常に重要なことです。

匿名でする理由

ココナラでは、普通に税理士の人が実名で確定申告サービスなどを行っています。

流石に、法人の顧問サービスは見たことがありませんが、個人の確定申告を受けている人は結構います。

ただ、確定申告のような画一的で自由度のないサービスは、ココナラでは単価がとても低くなってしまいます。

価格を下げて品質が保てればいいですが、私はその品質を保つ自信がありません。

なので、ココナラではある意味、今まであまりなかったようなサービスを実験的に試せる場として利用するのが、一番効果的だと思います。

自社のホームページにサービスを載せたとしても、それをネット上で周知させるには時間が掛かります。

そこで、斬新なサービスを試してみるのはありですし、もしヒットしたら、それが今後、自分の大きな武器になる可能性はあります。

基本的には、自分の好きと思えるサービスを展開してみるのが良いと思います。

まだ、ココナラを一度も使ったことのない人であれば、自分の似顔絵でも1回依頼してみてはいかがでしょうか。

そのサービスを知るのは体験してみるのが一番効率が良いと思いますので。

 

編集後記

今日はオフです。

 

息子(3歳7ヶ月)の成長日記

朝ヨガをしていると、また私の部屋に入ってきて、ちょうどブリッジのような姿勢のときに、私をトンネルのようにして遊んでいました。

遊びに対する想像力が豊かです。

 

レッツゴージャイアンツ

4/28vsヤクルト 勝ち

昨日も打線が好調でした。

新加入のテームズ、岡本、丸にホームランが生まれました。

先発の高橋は、3点失うものの、大量援護に守られ、今季負けなしの5連勝になりました。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日も朝7時から骨盤はがしヨガを受講しました。

週5日のヨガの中で一番好きなレッスンです。

今日も、新しい動きを教えて貰い、肩こりを解消です。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計30人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆