ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

(質問回答)一度落ちた大学院に再度挑戦する際に、研究計画書のテーマは変えるべきですか?

本題

結論

変えるべき

別の大学院の場合は変えなくてもOK

後期より前期の方が若干倍率は低め

 

なぜ落ちたのか考える

学歴

合格科目

実務経験

すぐには変えられない

総合的に評価

 

人の印象でおすすめの本

第一印象は変えられない

出世する人の全てが仕事が出来る人とは限らない

仕事が出来そうというだけで出世をしていく

 

まとめ

まったく同じ大学院に再挑戦する場合、基本的にテーマは変えるべきです。

ただ、すぐに変えられないところで不合格になっている場合もあるので、同じ結果になる可能性は高いです。

教授の印象は落ちた人なので、その第一印象を変えることは非常に難しいと言えます。

可能であれば、同じ大学院にこだわらず、別の大学院を検討するのをおすすめします。

 

編集後記

今日から、また確定申告進めていきます。

 

息子(3歳5ヶ月)の成長日記

今日は、お迎えが少し遅くなったので、「遅かったよ」と怒られました。

 

ヨガ日記

今日は、7時から15分の軽めのトレーニングを受講しました。

いつもは30分ですが、サクッと15分もありと思いました。

 

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計30人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆