ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

2021CSファイナル第2戦、巨人痛い敗戦、レビュー

本題

試合のあらすじ

昨日1敗を喫してしまい、ここはなんとしてでも勝ちたい巨人はエース菅野で挑みます。

対するペナント王者ヤクルトは、サウスポーの高橋が先発です。

初回菅野はわずか8球三者凡退に抑えるナイスピッチングでした。

他する高橋は、立ち上がり、コントロールが定まらず、満塁のピンチを迎えます。

しかし、巨人にあと一本が出ません。

6番に入った中島への投球、内角の際どいボールについて、デットボールを主張して、巨人サイドは、ビデオ判定を要求しますが、失敗に終わりました。

思えば、この判定が大きかったです。

そして、中島は空振り三振。

この日のヤクルト高橋は、変化球のコントロールはいまいちでしたが、ストレートのキレは抜群でした。

カウントが悪くなっても、ストレートの球威で押してピンチでも三振で切り抜けました。

一方、抜群の立ち上がりを見せた菅野ですが、2回ヤクルト打線に捕まり、犠牲フライで1点を献上します。

その後は、両投手が5回までスコアボードに0を並べる投手戦でした。

試合が動いたのは、6回でした。

巨人のマズイ守備もあり、菅野はワンアウト満塁のピンチを背負います。

この日の菅野は、調子はよくありませんでしたが、その中で抑えてきましたが、ヤクルト打線が菅野を攻略しました。

まずは、今季の代打成績が3割6分を誇る川端に押し出し四球を与え、その後、1番塩見に走者一掃のタイムリーツーベースを打たれて勝負あり。

そのまま、5対0でヤクルトに敗れてしまいました。

土俵際

これで、巨人は2連敗を喫しました。

元々のアドバンテージが1つあるため、ヤクルトはあと1勝もしくは引き分けに持ち込めば、ヤクルトの日本シリーズ進出が確定します。

巨人は、引き分けなしの4連勝しか無くなってしまいました。

エース菅野で落としてしまったので、土俵際に追い詰められてしまいました。

しかし、何が起こるかわからないのが、勝負ごとの怖いところです。

この2戦で巨人は無得点に抑えられています。

1点が入れば、流れが変わる可能性があります。

まずは、1点を取ることができれば、明日に繋がります。

今日が、今シーズン最後になるかもしれないですが、応援したいと思います。

 

編集後記

今日は、電子書籍の作成を進めていきます。
結構、順調に進んでいます。

 

息子&娘(4歳2ヶ月&0歳2ヶ月)の成長日記

息子が赤ちゃん返りで、寝る時に赤ちゃんばかりにおっぱいをあげているのはズルいと言ってごねます。

なので、私が赤ちゃんを抱っこで寝かしつけることになりました。

息子にとってもお母さんを赤ちゃんに取られた感じで嫌なのでしょう。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日は、デトックスフローヨガを受講しました。

今日のヨガは強度が強めになります。

毎週、少しずつ違う動きを入れてくれるので飽きずに続けることができます。

 

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら