ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

母親がサービス付き高齢者住宅に入所しました

本題

サービス付き高齢者住宅とは

4ヶ月在宅で介護していた母親が、本日サービス付き高齢者住宅に入所しました。

サービス付き高齢者住宅とは、アパートのような住宅の部屋を賃貸してそこで様々な介護、看護、医療といったサービスを受けることのできる施設のことを言います。

介護サービス付きの部屋という空間を借りることになるので、病院のようにベッドやテレビがあるわけでなく、テレビや掃除機、クイックルワイパー、洗剤、着替えなど暮らしに必要なものはこちらで準備する必要があります。

老人ホームと何が違うのと言われると、私も専門ではないので明確な答えは言えませんが、施設長いわく住宅を中心に全てのサービスが紐づいている施設とのことです。

多分、これが正解なのだと思います。

面会と外出が自由

なので、住宅の契約は不動産管理会社と行って、その他看護やケアマネといったサービスは、この住宅の運営会社との契約となります。

ここに決めた一番の理由は、築1年で綺麗な建物であることと面会と外出が自由なところです。

この施設の道を挟んだ場所にも介護施設が建っていて、近年、このような施設はますます増えています。

親が倒れてから、病院を何箇所か利用しましたが、このコロナ禍でどの病院も面会制限を設けていました。

オンライン面会のところもありましたし、15分間などの時間の制限をしている病院や、面会自体が禁止の病院もありました。

デイサービスにも行ける

サービス付き高齢者住宅であれば、デイサービスにいくこともできます。

在宅介護していた時は、ツクイというデイサービスに週2回行っていて、とても楽しそうにしていました。

サービス付き高齢者住宅でも、週2回は介護保険の単位の範囲でいけるとのことで、良かったです。

孫がいる環境だった

しかし、今までは、孫が身近にいる環境をとても気に入っていたので、それがなくなるのが寂しいと言っていました。

なので、子供を連れて定期的に面会に行こうと思っています。

この4ヶ月の在宅介護はかなり過酷でした。

けれど、母親と同居できた時間というのは、私の中でとても貴重な経験で、人間として大事なことを教えて貰ったように思います。

舌の肥えたグルメなお母さんに、差し入れと牛乳を持って行こうと思います。

 

息子&娘(5歳4ヶ月&1歳4ヶ月)の成長日記

娘は、おばあちゃんの足の間が定位置になっていました。

すっぽりと収まっている様子がなんとも言えませんでした。

面会でいい写真を撮ろうと思います。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、5歳の男の子と1歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

確定申告などの単発決算(受付12/15まで)こちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

行政書士メニュー

みつばち行政書士事務所では、軽貨物の許認可を取り扱っています。軽貨物の許認可のご相談はこちらまでご連絡ください。

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。