ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

Switchソフト『逆転裁判123』クリア後レビュー

本題

私の趣味の一つであるゲームで最近クリアした『逆転裁判123』について話をしたいと思います。

1ヶ月ほど前にメルカリで購入。

購入理由は、逆転裁判は昔から興味があったことと、タイトルの通り、歴代発売された1から3までのタイトルが1つになっているので、非常にお買い得感があったからです。

メルカリでの購入価格は、2,900円とリーズナブルでした。

この逆転裁判ですが、殺人事件が必ず発生するという物騒なゲームです。

まあ、殺人事件が発生しないとゲームが進まないので、仕方ありません。

名探偵コナンのような感じですね。

ストーリーが個別にあって、第1話をクリアすると次の話へと進んで行きます。

個別のストーリーは、それぞれの大きく分けて、2つのパートに分かれています。

情報収集パートと裁判パートです。

情報収集パートでは、文字通り、事件の真相を暴くための証拠を集めて行きます。

この情報収集パートは、シリーズ2からサイコロックという摩訶不思議な力が大きく影響するようになります。

シリーズ1は、純粋に聞き込みや事件の証拠収集でしたが、シリーズ2から開始したサイコロックでは、奇妙な勾玉で相手の嘘を暴くことで、話が進みます。

本来、裁判でする尋問を情報収集パートの時点で小出しでしていくような形で話を進めます。

私は、このサイコロックが現実離れしていると感じるので、あまり好きではありません。

純粋に情報収集するシリーズ1が一番好きです。

難易度は、クリアするごとにどんどん高くなっていきます。

特に、シリーズ3の最終話に関しては、攻略法を見ないとクリアは無理じゃないのかというほど難しいです。

今では、攻略本をわざわざ買わなくでも、ネットで攻略法を確認することができます。

私も最後の方は、チラチラ攻略法を見ながらクリアしました。

まとめ

123全てクリアするのに、結構時間は掛かりますが、アクションゲームなどと違って、どこでも中断することができます。

そのため、仕事が忙しい人でも、コツコツと進めることができます。

私も、仕事の合間にコツコツと進めたりしていました。

非常にコスパのいいソフトなので、一度やってみてはいかがでしょうか。

 

編集後記

今日は、クライアントと2件打ち合わせです。

 

息子&娘(4歳3ヶ月&0歳3ヶ月)の成長日記

休日、息子からトミカのアルファードとハマーを描いてと言われ、6台分ぐらい描きました。

えらいもので、徐々に絵の精度が上がっていくのが分かり、書いていて楽しくなってきました。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

株式会社の定款認証代行はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら