税法判例模擬体験コーナー

社会人コースの税法大学院の入試では、ほぼ全てと言っていいほど研究計画書の作成が要求され、合否を決める重要な要素になります。

そこで本ホームページでは、税法をより身近に感じて頂くためのコンテンツをご用意いたしました。

ここでは、租税判例百選に収録されている実際に起きた裁判について掲載しています。

約10分でシンプルな方法で回答出来るようにしていますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

 

 動画では、税法大学院の研究計画書の書き方について、全体的な視点で話しています。 

 動画では、研究計画書のテーマの決め方について話しています。 

 

 

【テーマ】配偶者控除

当時同棲をしていた事実婚カップルの配偶者控除について争われた判例です。

【テーマ】所得税法56条

弁護士として別々に事務所で開業していた夫婦間の顧問料に関する事例です。

 

【テーマ】事業所得と給与所得

事業所得と給与所得の判断について、弁護士報酬を題材として争われました。

【テーマ】サラリーマン税金訴訟

超有名な大島訴訟を題材に最高裁判所の大法廷と小法廷の違いを考えてみました。

 

【テーマ】馬券の経費性

事業所得と給与所得の判断について、弁護士報酬を題材として争われました。

【テーマ】所得税

超有名な大島訴訟を題材に最高裁判所の大法廷と小法廷の違いを考えてみました。

 

【テーマ】外国税額控除

当時の大和銀行であるりそな銀行の約62億円の貸付金について争われました。

【テーマ】無償による資産の譲渡

オウブンシャホールディング社の約255億円の含み益のある株式に関する事件です。

 

【テーマ】公益法人の収益事業

宗教法人が行うペット葬祭業について法人税が課税されるかどうか争われました。

【テーマ】消費税の仕入税額控除

この事件は、消費税の帳簿要件について仕入が否認された事例になります。

 

☆租税判例百選の読み方について解説しています。☆

「租税判例百選の読み方ー金子宏教授編ー」YouTubeプレゼンデータ公開

2019.04.12

『租税判例百選の読み方 ―No.47 配偶者控除編―』YouTubeプレゼンデータ公開

2019.04.19

 

 

7名の方を税法大学院に導いたコンサルツールを販売中です。

コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

☆研究計画書作成には必須☆