確定申告に向けて、Macの仮想マシンを使ってJDLを動かしたい(まだ動かしてはいませんw)

本編

ついに、仮想マシンを活用しようという気持ちが起きてきました。

私が使用している仮想マシンは、バージョン15ですが、最新版はバージョン16のようですね。

まだ、Amazonでは販売していないようです。

仮想マシンでパソコンゲームをするための準備2日間の戦い

結局、ゲームはできなかったのですが。。

この記事を書いたのが8月15日なので、実に3ヶ月の間、macにインストールだけしてほったらかし状態になっていました。

そのための一つとして、Windowsのライセンスキーを購入することにしました。

Windowsを利用するためには、ライセンスが必要になります。

Amazonで15,000円ほどでパッケージ版が売っていたので、それを購入することにしました。

オンライン版もあったのですが、そっちは17,000円ほどするようなので、パッケージ版にしました。

電子書籍と違って、オンライン版の方が高いのは驚きました。

昨日注文したので、到着を待っている状態です。

仮想マシンを動かそうと思ったきっかけは、令和2年度の確定申告が理由になります。

私は、何を隠そうひとりで会計事務所を切りもりしているわけですが、慣れないパソコンで確定申告作業を迎えることに、かなりの不安を覚えました。

確定申告のソフトとして使用しているWindowsのパソコンは、申告の時にしか使用しないため普段はほとんど使用しません。

しかも、3年以上前に購入したパソコンなので、動作がもっさりしています。

今年の確定申告については、お陰様で去年に比べるとご依頼を頂けそうな感じなので、しっかりと準備をしておきたいと考えています。

なので、慣れているmacのパソコンで仮想マシンを使って、Windowsを動かしMac一台で確定申告の作業を行えるように準備をしています。

以前もWindowsでしか使えなかったテプラをMac用で使用できるものに変えたら非常に効率的になリました。

mac好き税理士が会計事務所業務を行うための周辺機器まとめ

今回の仮想マシンでのWindowsの使用はそれ以上のインパクトがあると思います。

国税庁のe-taxもWindowsにしか対応していない(受信通知などはWindowsの環境がないと開きません。)ため、過去の電子申告の内容を見る時もいちいちWindowsパソコンを立ち上げていましたが、それがなくなります。

たまに動かすと、システムアップデートが始まったりして、すぐに作業を始められなかったりしていました。

そもそも、キーボードの配置が違うのでタイプスピードは比になりません。

あと、懸念材料があるとしたら、私のMacbook Airの処理速度がWindowsを入れることで予想以上に落ちないのかというところです。

一応、SSDは拡張されたMacですが、基本性能はそこまで高くはありません。

でも、これも一つの経験と思ってやってみたいと思います。

MacでJDLが動くのは、感動ものだと思うので、非常に楽しみです。

 

 

編集後記

今日は、研究計画書の添削など、月曜日は業務がたくさんあるので、一つずつしっかりこなしていきたいと思います。

 

息子(3歳2ヶ月)の成長日記

昨日は、私が風呂から上がるのを待っていたようで、上がったらすぐ寝てしまいました。

子供の健気さに胸が打たれました。

 

レッツゴージャイアンツ

11月9日VSヤクルト 負け

昨日は坂本が2,000本安打を決めた記念試合になりました。

しかも、2,001本目はバックスクリーンにホームラン。

ただただすごいとしか言いようがないですね。

試合はというと、まさかの満塁ホームランを打たれて逆転負け。

うーん残念。

 

阪急塚口駅南に徒歩5分ほどのビルで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

毎週土曜日開催 freeeで確定申告オンラインセミナーについては、こちら

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計26人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆