クラウド会計効率化の正しい手順は!?阪急塚口の税法大学院アドバイザーが複式簿記で解説

私は、freeeをメインの会計ソフトとして使用していますが、

具体的に効率化するうえではその順序が大事だと思う。

 

その前に一つクラウド会計でよく経理の時間を1/10になりますとか

大々的な宣伝がありますが

それは今まで紙の資料でやり取りしていた人に

対してすべてを電子的なデータにすることによって実現する。

 

なのでクラウド会計を導入しただけでは

経理の時間は1/10には絶対にならない

 

このことはクラウド会計の第一人者の廣升先生もお話されている。

 

では紙の資料をデータ化するにしても何から

順番に手をつけていいのか分からない。

 

参考になればだが、

私は税理士試験で難関と言われる税法の試験を合格したが

その勉強方法は重要なところから勉強していく

という方法だった。

 

要するに効率的に点数を取る方法は

重要なところから順番にケア

するということに尽きる。

 

税理士試験の方法がそのまま当てはまるわけではないが、

紙の資料を電子データにする場合、最も効果が大きいものは通帳だ!!

 

その最大の理由は取引量が多いからである。

 

資金移動、売掛金、買掛金の入金などの決済が記載されているため、

請求書などと違い複数の仕訳を入力される。

 

この事は複式簿記の仕訳を見て貰うとよく分かる。

 

 

 

 

1番が売上請求書を会計入力したときの仕訳になる。

 

売上がいくら発生したという仕訳が延々と記載されている。

 

次に2番の仕訳が通帳の情報を会計入力したときの内容になる。

 

売掛金の入金は売上請求書の数だけあるため、

売上請求書に比べて普通預金の入力量が売上請求書

よりも多いことになる。

 

なので、効率化といって一番初めに手をつけるべきは

通帳からということになる。

尼崎市富松町の開業税理士。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

7名の方を税法大学院に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。


 

☆研究計画書作成には必須☆