ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

法人を設立すると個人に税務調査が来ることも

本題

理由

法人を設立すると個人に対して、税務調査が来ることがあります。

理由は、税務調査の期間に決まりがあるからです。

法人であっても、個人であってもまずは3年の期間で調査が行われます。

そして、この調査で明らかな間違いがあれば、過去5年間を調査期間として指定して追徴課税などが行われます。

この5年というのは、いわゆる税金の時効のようなもので、遡って5年前までの申告についてであれば、税金の修正申告を行うことができます。

なので、法人を設立するということは、一般的には個人事業を廃業して法人成りをすることとなるため、時効が訪れる前に調査に行こうという動機を税務署に与えることになるため、法人を設立すると個人の申告に対して、調査に入られやすくなります。

あらゆる可能性がある

ただ、税務調査に入られるかどうかには、様々な原因があります。

ここ数年売り上げが急に伸びていたり、取引先に税務調査が入り、そこから調査に発展したり、無申告で国税庁に通報されたりと一概にその原因を納税者の立場で知ることはできません。

さらに売り上げや経費を意図的に調整したりなどは、当然、決算書がいびつになるため、調査の可能性は上がります。

また、10年ぐらい入っていなかったので、特も怪しいところはないけど来ることもあります。

なので、法人を作ったら必ず来るというものではなく、あくまで調査の対象になる1つのきっかけと考えていただければと思います。

まとめ

5年というのは、一旦行った確定申告が間違っていた時の修正をする際にも適用される税金の時効のような期限になります。

意図的に税金を少なく申告すると5年間はドキドキしないといけないということにもなります。

また、意図的な脱税と認めらた場合は、7年間遡られることもあるため、それが嫌なら、毎年正しく申告をしなければいけないということになります。

 

息子&娘(4歳9ヶ月&0歳9ヶ月)の成長日記

息子を連れてスーパーに車に行きました。

スーパーに連れて行くときは、果物を買うので、いつも楽しみにしています。

この日は、疲れて後部座席ですやすや寝ていました。

普段なら、なかなか起きないのですが、スーパーに着いて起こすと、パッと目を明けふらふらと動き出しました。

頭の中は、果物でいっぱいだったようです。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、5歳の男の子と1歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

行政書士メニュー

みつばち行政書士事務所では、軽貨物の許認可を取り扱っています。軽貨物の許認可のご相談はこちらまでご連絡ください。

みつばち会計事務所のサービスメニュー

確定申告などの単発決算(受付12/15まで)こちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。