ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

2021年ペナント巨人軍を勝手に総括

本題

今年は亀井で始まり、亀井で終わる

2021年のペナントレースも終わろうとしています。

巨人は残念ながら3位という結果になってしましましたが、途中まで阪神とヤクルトとの首位争いを楽しませて貰いました。

どうでしょう。

今年については、今年で現役引退を発表した亀井で始まり亀井で終わったというシーズンではないでしょうか。

ペナントレースが始まり、開幕戦はvs横浜でした。

劣勢でしたが、亀井の逆転ホームランの劇的勝利で幕を開けました。

そして、巨人一筋、39歳のベテランはユニホームを脱ぎました。

また、今年亀井は通算100号ホームランを記録していて、500号とか派手な記録ではないですが、着実に積み上げてきた結果なので、亀井らしく素晴らしいと思います。

若手不足

今年は3連覇が掛かった年でもありました。

結果として3位に終わってしまった原因は色々とあると思います。

中でも、若手の台頭がなかったことが大きかったと思います。

若手の台頭が目立ったのが、阪神ではないでしょうか。

ルーキーの中野がショートのポジションと粘り強い打撃で台頭。

また、途中までホームランを量産した佐藤も後半こそ失速したもののルーキーとしてインパクトを残しました。

さて、巨人は?となると、ドラ1ルーキーの平内は、1軍登板こそあったものの、打ち込まれて2軍いき、大型ルーキーで期待された秋広も2軍で活躍することはあれ、1軍でヒットを放つことはありませんでした。

ルーキーで活躍することはとても難しいことだと思いますが、2年目3年目の選手の台頭がありませんでした。

投手崩壊

今季はFAで梶谷と井納を獲得しました。

梶谷は途中3割を打っていたものの、怪我で戦線離脱。

井納に至ってはタコ殴りにされてKO。

途中連勝したものの、後半は戸郷、高橋、菅野、メルセデス、山口などの主力も試合中盤で踏ん張れない試合が目立ちました。

また、守護神のビエイラも後半は疲れが出たのか、セーブを失敗する場面もあり、パッとしませんでした。

来年は、年間通して安定して活躍できる先発陣を揃えられるかがとても重要になります。

中継ぎの防御率はリーグの中でも悪くないので、来年の投手編成には注目しています。

まとめ

中盤、阪神、ヤクルト、巨人の三つ巴の戦いは、本当に楽しまさせて貰いました。

あとは、CSが残っていますが、どんな戦いを見せてくれるのか。

大逆転はあり得るのか。

注目したいと思います。

 

編集後記

今日は、クライアントさん1件の打ち合わせになります。

 

息子&娘(4歳1ヶ月&0歳1ヶ月)の成長日記

娘は抱っこしてあげる泣いていても、すぐに泣き止んでくれます。

それが可愛くて、ずっと抱っこしてられます。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日は、モーニングストレッチを受講しました。

スマホでアプリを開くと、講師の人が赤ちゃんのように寝返りをしていたので、寝起きにびっくりさせれらましたが、しっかり体をストレッチすることができました。

 

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら