ホンダフリードの自動運転を使った感想、名神から環状線に入るルート

本題

スキーでは、高速道路を100キロメートル以上走る必要があります。

1人で運転をするので、運転で疲れを残さないかが、スキー場に行ってから、そして、帰宅してからのコンディションに関わるため重要になります。

そこで、自動運転に可能性を感じています。

私の家の車はホンダのフリードになります。

ホンダセンシングという機能になります。

このフリードを購入したのが去年になります。

1年落ちぐらいで購入しました。

自動運転の技術というのは各自動車会社が、日進月歩で進んでいるので、より新しい車だと自動運転の精度も高くなっていきます。

さて、2022年式フリードの実力はいかがなものなのでしょうか。

操作方法

こちらがフリードの計器類の表示版になります。

赤マルで囲ったところが運転支援が効いている状態になります。

こちらは、ハンドル右側にあるMAINボタン+レーンと車の表示のあるボタンを押すことで起動します。

要は、この状態がテレビでいう待機状態になります。

このあと、高速道路に入った後は、RES+を押すことで、表示版左側のレーン上に車のマークが表示されます。

前方に車があるとその車についていきます。

さらに、ハンドル右側の車の下に点線が付いているマークを押すと、車間距離の調整が4段階でできるので、走りやすい車間に設定するとハンドルに手を置いて、アクセルペダルから手を話した状態で自動運転が開始します。

操作した感想と使用上の注意点

では、実際に使用した感想ですが、まずは前方の車を把握するのにある程度慣れが必要になります。

うまく、後ろにつかないとなかなか追尾が始まりません。

ただ、追尾を開始すると、前の車の加速減速に合わせてスピードがコントロールされ、車線を把握することで、ハンドルがまるで幽霊に操作されているように自動で操作されます。

この間は、ハンドルに軽く手を置いているような状態で、足は浮かした状態になります。

しかし、前の車が急減速したりしてブレーキを踏んだ瞬間に自動運転は解除されます。

また、急なカーブに入った時も追尾機能は解除されるため、車に完全にお任せするわけにはいきません。

まとめると、高速道路の直線、緩やかなカーブで渋滞でないところで自動追尾で車に運転を任せることができます。

逆に、渋滞、急カーブでは自動運転は自動で解除されます。

ちょっと危ないなと感じたのは、高速の出口付近で自動運転で70キロぐらいのスピードで左折で出口のレーンに入って、急カーブが現れた時はヒヤッとしました。

まとめ

ホンダフリードの自動運転機能を初めて使ってみました。

使い方自体は簡単です。

前の車を把握するのに慣れが必要だったり、自動運転から高速の出口で減速が必要になる時に危なかったりしますが、自動運転が効いている間は、手はハンドルに添えるだけ、足は浮かすことができるので非常に楽ちんです。

自動運転のオンオフの切り替え時だけ注意すれば、長距離ドライブを快適にすることができます。

 

息子&娘(6歳2ヶ月&2歳2ヶ月)の成長日記

息子が嘔吐して日曜日は寝込んでいました。

枕もとに、風呂桶を置いているのですが、そんなのお構いなしに、ベッドとソファーが被害を受けました。

しんどいですし、子供なので仕方ありません。

我が家の洗濯機が高稼働していました。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

令和5年度 確定申告のご依頼はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。