ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

令和3年の確定申告業務を去年より少し早めに開始します

本題

今年の確定申告

今年の確定申告は、会計事務所にとっては少しきつい業務になるのかなと思っています。

というのも、申告期限が3月15日に戻るからです。

去年、一昨年はというと、よくも悪くもコロナの影響で、去年は申告期限が4月15日、一昨年に至っては、無期限の延長となりました。

ダイエットをしてもリバウンドしてしまうように、一度、伸びた期限の感覚を縮めるというのは、想像以上に大変だと感じています。

資料回収

今年は、去年より1ヶ月申告の期限が早くなっているので、確定申告の依頼を頂けるクライアントさんには、少し早めに資料回収のアナウンスをさせていただいています。

去年のメールを確認してみると、11月13日に資料回収のアナウンスをしているので、2週間ほど早めに動いています。

それでも、申告期限は去年より1ヶ月早くなっているので、決して早すぎることはないと思います。

感謝感謝

しかし、資料の早期回収は、会計事務所側の都合だけでできることではありません。

クライアントの方が、領収書などをしっかり保管していただいていて、このタイミングで協力していただけれるからこそ、早期の資料回収が可能になっています。

クライアントさんがあっての仕事なので、感謝の気持ちは忘れてはいけません。

早めに締め切る事務所も

申告期限が、いつも通り戻ったと言っても、去年の申告からすると大幅に申告期限が早くなっています。

こうなると、考えられるのが会計事務所で確定申告の新規受付を例年より早めに終了するところが多くなるということです。

弊社では、現状令和4年1月15日を新規受付の期限に設定させていただいております。

これは、決して早くないと感じています。

会計事務所によっては、確定申告自体の新規受付を行っていない事務所もあります。

今年、確定申告について税理士へ依頼を検討されている個人事業者の方は、早めに行動されることをお勧めします。

まとめ

今年の確定申告の申告期限は、令和4年3月15日です。

例年通りになります。

ただ、去年より期限が早くなっていることについて、業界はプレッシャーに感じているのは確かです。

なので、令和3年分の確定申告については、会計事務所は早めに動いて、新規受付を早めに終了することが予想されます。

 

編集後記

今日は、1件クライアントの対応です。
残りは、事務所の経理を行います。

 

息子&娘(4歳2ヶ月&0歳2ヶ月)の成長日記

息子のわがままが止まりません。

口を服で拭くなと言ってもやめません。

男の子なんで、多少言うことを聞かないところは仕方がないと思っています。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日は、ハタヨガを受講しました。

ポーズをとった時に、上体を反らす角度が鋭くなっているように感じます。

続けていると少し体が柔らかくなったようです。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら