人生初のポケットWi-Fiを利用開始して1週間、使用感レビューUQWiMAXギガ放題、W06

 

まいどおおきに!

 

税法大学合格コンサルタントのTOMOYUKIです。

 

私はつい最近 ポケットWi-Fi を使い始めました。

 

なぜ使い始めたかはこちらの記事で詳しく書いていますので興味のある方は読んでみてください。

☆Wi-Fiの中継器☆Wi-Fiミレルアプリでマンションの仕事部屋を測ってみる

2019.08.28

 

 

ポケットWi-Fi を使いたかった一番の理由は5GHzの電波を使いたかったからです。

 

しかし、いざこの電波を使おうとすると予想外していなかったことが分かったのでそれを記事にしたいと思います。

 

W06での5GHzの設定方法

設定通信設定Wi-Fi設定周波数で5GHzを選択します。

 

すると、画面の左上の表示が5GHzになります。

 

ちなみにその右の数字は現在このポケットWi-Fiに接続されている機器の数になります。

 

最大同時接続数は16台になります。

 

正直、なかなか16台を同時に接続することは現実的にないと思います。

 

 

5GHzの接続が出来ないものも多い

意気揚々とポケットWi-Fiを使い始めた私でしたが、いきなり予想外のことが起こりました。

 

それは、5GHzは比較的新しい電波の規格であるため5GHzに対応していない機器では電波を受信出来ないということです。

 

私が使用している機器であれば以下のものが5GHzに対応していませんでした。

 

×サブPCで使用しているASUSのシルバーC100PA-FS0002(chromebook)

 

×モノクロプリンタとして使用している複合機のCanon製SateraMF222dw

 

×スキャン用で使用している富士通ScansnapiX500

 

×PS4 ジェット・ブラック 500GB CUH-1200AB01

 

メインPCで使用しているmouse製13.3型ノートPCでは使用できたので良かったですが、少し年式の古い機器では使用できなかったの予想外でした。

 

私の当初の妄想では5GHzの早い電波でサクサクと作業をしたかったのですが、理想通りの展開とはいきませんでした。

 

 

結局2.5GHzの電波に設定している

5GHzの電波でポケットWi-Fiを使用しようとすると、上記のように使用できない機器が出て来るわけです。

 

なので、ポケットWi-Fiを契約する前の目的は諦めて当初は2.4GHzの設定にして全ての機器を使える状態にしました。

 

今までの固定回線のWi-Fiの使用frはマンションの壁で電波が弱くなってしまうという問題がありましたので、ポケットWi-Fiを室内で使用することでマンションの壁問題は解消され通信環境は非常に快適になりました。

 

普段使いであれば2.4GHzの設定でも問題ないです。

 

欲を言うならPS4でオンラインゲームをする際に5GHzの電波であればもっとスムーズに遊べるのかなと思います。

 

 

ギガ放題といっても

ギガ放題といっても固定回線のように際限なく使い放題というわけではありません。

 

UQWiMAXのギガ放題では3日間で10GB使用すると速度制限が掛かります。

 

制限といってもスマホの速度制限並みの遅さまではいきません。

 

そして、この制限ですが、私が使用した感覚で言うと意外にすぐやって来るといった感覚です。

 

zoomでのテレビ電話やPS4でのオンラインゲームなどやはり動画の再生を伴った使用をすると電波をよく使います。

 

 

ポケットWi-Fiの最適な使用方法

スマホの速度制限までいかないといっても速度制限がかかると、グーグルドライブなどの作業で使用するとストレスを感じる遅さになります。

 

なので、極力、速度制限を受けないようにすることが大事になります。

 

そこで、今私が考えるポケットWi-Fiの最適な使用方法は、動画を扱う際は5GHzの最新の規格の電波を使用してストレスなく作業をする。

そもそも2.5GHzしか使用出来ないPS4は本体を部屋のドアの近くに置いて固定回線のWi-Fiを使う。

モノクロプリンタやScansnapiX500など通信速度の影響が少ないものは固定回線のWi-Fiを使う。

サブPCで使用しているASUSのchromebookは使用する場所に応じて固定回線のWi-FiとポケットWi-Fiを使い分かる。

スマホのWi-Fiは自宅にいる時は極力固定回線のWi-Fiを使用する。

 

外出の際はポケットWi-Fiを使うしかありませんが、自宅兼事務所にいる時は極力、固定回線のWi-Fiで使用していこうと思っています。

 

それでも、ポケットWi-Fiを導入してマンションの壁による電波環境は確実に改善されましたし、ポケットWi-Fiの最大の利点である外出時の使用も今後活用していきたいと思っています。

 

 

W06の使用感

私は、ポケットWi-Fiを使用するのが今回初めてなので、ルーターであるW06については現在手探りでどんな使い方が出来るのか試しながら使っています。

大きさはスマホを少し小さくしたぐらい。

重さはさほど感じません。

厚みは少し感じます。

画面で環境設定した操作感は、可もなく不可もなくこんなものかなと思います。

 

あと、電池の減りは少し早いと感じました。

 

私はハイスピードの設定で使用していましたので、設定を変えると電池持ちはいいかもしれません。

こういう点も今後試していかないと分からない点になります。

 

なので、外出時に使用する場合はモバイルバッテリーは常備しておきたい所です。

 

最近の機器の主流となりつつあるUSB−TypeCでの充電が可能という点は評価は高いポイントです。

 

UQWiMAXは3年の縛りはありますが、ギガ放題でも月額4,000円ほどで使用出来る点を考えると契約したこと自体は全然ありだと思います。

 

GMOモバイルからの契約がお得になるので、外部サイトですが、ご契約を検討されている方はぜひ、以下のサイトからお申込み下さい。

危険!元販売員が教えるGMOのWiMAXで契約前に読むべき全知識

私も、このサイトを見て契約をしました。

 

 

 

まとめ

5GHzの電波は比較的新しい規格のため対応していない機器が普通に存在ある。

 

ギガ放題といっても3日で10MB使用すると速度制限がかかる。

 

3日で10MBは、使用環境にもよるが意外にすぐやって来る。

 

W06は可もなく不可もない使用感、電池の減りが早いので、外出の際はモバイルバッテリーを携帯する方が良い。

 

 

 

息子(2歳)の成長日記

自分でやらないと気が済まない時があるようです。

 

一日一新

2歳児と一緒に阪神競馬場へg

税理士。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

7名の方を税法大学院に導いたコンサルツールを販売中です。

コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

☆研究計画書作成には必須☆