ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

macをメルカリで売るときはmacを探すの解除を忘れない

本題

先日、メルカリで購入したmacについてちょっとしたトラブルがありました。

私は、仕事用でmac book Airを愛用しています。

中古でメルカリでの購入でしたが、大したトラブルはなく使用できていました。

しかし、先日macを探すの設定をしようとすると、こんなメッセージが表示されました。

グレーアウトしているところは、販売者の方のメールアドレスが入っていました。

もちろん、その方のApple IDのパスワードを知りません。

すぐさま、この表示されているメールアドレス宛に状況のメッセージをお送りして、改善策の提示を依頼しました。

この販売者の方もちゃんと返信をくれる方で、Appleのサービスセンターに連絡して対応をしてくれました。

ここからは販売者の方がされた対処方法になるのですが、パスワードを教えるのはセキュリティー面で不安なので、アップル側にApple IDの抹消を依頼されました。

あまりApple IDを使用していなかったのか、結構大胆な対処法をしていただきました。

その上で、購入側である私には、再起動の上表示が変わるかどうか試して欲しいという連絡を受けたので、再起動して表示が変わるのか試しましたが、表示は変わりませんでした。

次の指示は、デバイスの初期化でした。

流石にこれは、仮想デスクの入れ替えやソフトの再インストールなども発生してしまうため、お断りしました。

最終的には、販売者の方のApple IDのパスワードを教えていただくことになりました。

販売者の方もメルカリで販売する時にmacの初期化は行ったはずです。

それでも、Appleの連携機能はそのまま残ってしまいます。

そうなると解除するためには、パスワードが必要です。

パスワードを見ず知らずの他人に教えるのは誰でも嫌なことです。

Macをメルカリなどで転売する場合は、注意してください。

 

編集後記

今日は、オフです。

 

息子&娘(4歳0ヶ月&0歳)の成長日記

里帰り中。

 

ヨガ日記(SOELUソエル)

今日は、大好きな肩甲骨はがしヨガを受講しました。

祝日の朝も気分よく始まりました。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら