ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

スマホにGoogleメールアプリを入れるな!!

本題

通知は電話以外、ほぼ消去

私は、メールはGoogleメールを使っています。

以前は、スマホにもメールアプリを入れて確認するようにしていました。

しかし、以前Googleの社員か巨大企業の従業員がスマホにGoogleメールアプリを入れていないという記事を読んでから、私もGoogleメールアプリをスマホから消去しました。

まだ、消去してから3ヶ月ほどしか経っていませんが、全然不都合を感じていません。

それに伴って、スマホに入っているほとんどのアプリの通知をオフにしています。

私は、パソコン作業をしていることが多いです。

その作業中にスマホがピコンと鳴るたびにスマホを見ることになります。

それ自体は一瞬かも知れませんが、人間の集中力というのは、一度下がると簡単に上げることはできません。

具体的に通知をオフにしているアプリは、洋服の青山、びっくりドンキー、朝日新聞、サーティーワンその他もろもろになります。

逆に通知をオンにしているアプリは、LINE、LINE@、Googleカレンダー、TODOリストぐらいです。

LINEは仕事とプライベートに使ってます。

Googleカレンダーは予定などを忘れないようにするためにオンにしています。

 

価値のある情報は無料で落ちていない

Googleメールアプリを入れなくなって3ヶ月ほど経過して問題なく仕事ができているわけですが、メールってほとんど営業の連絡がほとんどではないでしょうか。

今度、無料セミナーがありますとか、〇〇周年記念抽選で○名様にプレゼントなどです。

お客様からメールがくることがありますが、朝、昼、夕方の3回ぐらいチェックすればメールの性質上十分と言えます。

急用があれば電話やLINEが来るでしょうし。

そもそも、自分がメールの送信者だとして相手だけが得するような情報を手間を掛けて送るでしょうか。

ボランティア精神に溢れた人であればそういうことをするかも知れませんが、ほとんどの場合、自分の商品を買って欲しいからメールを送っています。

アプリの通知も同じことが言えます。

アプリを作っているような会社なのである程度の規模の企業なので、より営利性の強いメッセージであることが予想できます。

そもそも、価値のある情報は無料で落ちてはいないという前提に立っておくことが重要だと思います。

そうすれば、通知にいちいち心を乱されることもないと思います。

 

まとめ

今日は、身近なスマホの通知の話をしました。

細かいことかも知れませんが、毎日10分の通知を無視できると、1年で、3,650分(60時間)を自分のために使えることができます。

積み重ねですが、意識するだけでできるので、共感された方は今からでもアプリを消去、通知をオフにしてみてくださいね。

 

編集後記

今日は、定休日ですが、完了している確定申告の納品を集中してやりたいと思います。

 

息子(3歳6ヶ月)の成長日記

今日は、寝起きで先日の園田駅の散歩の時に、先に歩いたことについてクレームを言われました。

日曜日のことですが、夢に出てきたのかもしれません。

 

ヨガ日記

今日も朝7時から、ビギナーピラティスを受講。

先週にん比べて体が動きやすくなってきた感じはします。

 

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計30人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆