AdobeMAXJapan2019 会計業界にはない私が感じたIT業界の開放感

 みつばち会計事務所の丸山です。

昨日12/3(火)、横浜にてAdobeの祭典に行ってきましたので、率直に感じた感想と会計業界との違いについて記事にしました。

AdobeMAXJapan2019とは

AdobeMAXJapan2019とは日本では年に一度行われるAdobeの製品紹介とAdobe製品を活用して活躍しているクリエイターの話を聞けるお祭りのような祭典です

 

今回Adobeが行われたのはパシフィコ横浜という産業展示会が行われるような巨大な施設です

関西でいうところの南港のATCのような施設になります

 

タイムスケジュールは午前中は新製品を中心としてAdobe本社の代表取締役のジェームズ マクリディの挨拶からCPO(最高製品責任者)のスコット ベルスキーが司会をして複数の日本人クリエイターと外国人クリエイターによる新製品を使ったデモが巨大スクリーンを使って説明されます

 

これだけでも この祭典がAdobeがいかに力を入れているのかが分かると思います

 

また 外国人クリエイターの説明の際は入口で渡されたトランシーバーで同時通訳を聞きながら巨大スクリーンで確認しながら解説を聞くことができます

 

約1時間半休憩なしで 次から次に第一線で活躍されているクリエイター達から解説されますが あっと言う間の濃密な時間でした

 

終始iPad押し

iPad版のPhotoshopが発売されたことをご存知の方も多いと思います

 

午前中のこのセッションではiPadを使ったAdobe製品の説明が非常に多かったです

 

Photoshopはもちろんですが 3D動画が簡単に作れるAdobe Dimension(Dn)について iPadだけで作成する方法が解説されていました

 

またAdobeCCのサブスクリプション契約なしで無料で使えるフレスコ(Fr)でiPadを使って簡単に水彩画を書ける機能などの紹介がありました

 

Adobe社が今後 iPadに対応する製品に力を入れていくことが分かる内容でした

 

日進月歩で新機能も続々と使えるようになるということで iPadでの使用も今後さらに期待が出来る点だと思います

 

有料級のセミナー

午後からは50分ごとのセミナーが7個の各セクションの会場ごとに夜のBeer Bashまでに4回あります

参加者は自分が興味があったり ビジネスで使いたいような内容のセミナーを見つけてその会場に行きます

 

ちなみに私は以下のような順番でこのセミナーを受けました

●セクションM『Dreamweaver(Dw)の最新機能でWordPressのテーマをカスタマイズ』

●セクションB『スマホとPremiere Rush(Ru)でここまでできる!次世代動画クリエイター大川優介が伝授する動画制作術』

●セクションR『トップ映像ディレクターが語るアイデアの生み方から編集まで』

●セクションK『Photoshop(Ps)実践講座〜痒いところに手が届く、フォトショップ技法「10の事」〜』

特にRセクションで行われた『トップ映像ディレクターが語るアイデアの生み方から編集まで』のセミナーに登壇された児玉裕一さんは PS4の山田孝之さんが出ているCMや有名ミュージシャンのプロモーションビデオを作成している監督だったりと登壇者も豪華絢爛です

 

ただ プレイヤーしては超一流ですがセミナーでは約1,000人以上の人前で喋るのは慣れていらっしゃらない様でうまく画像が巨大スクリーンに投影されず 1,000人以上がその準備に待つという状況もありLiveならではの放送事故もありましたが 児玉さんの映像に対する強い思いというのは非常に強く伝わって来ました

 

特にセミナーの最後に10年ほど前に児玉さんが趣味何の縛りもなく作られた映像を流されたのですが圧巻の映像でした

 

無報酬でここまでの映像を制作される点に児玉さんの映像クリエイターとしての原点が

ある事を感じました

 

録画オッケーSNSオッケー

最も私が驚いたのはほとんどのセミナーで動画撮影OKでSNS投稿OKだったという点になります

 

実際私もスマホでセクションB『スマホとPremiere Rush(Ru)でここまでできる!次世代動画クリエイター大川優介が伝授する動画制作術』と

セクションK『Photoshop(Ps)実践講座〜痒いところに手が届く、フォトショップ技法「10の事」〜』

のセミナーについては動画で撮影しました

 

家に帰ってから復習ができます

 

流石にCM映像などについては口頭で動画の撮影は禁止されていましたが CPO(最高製品責任者)のスコット ベルスキーが冒頭で言っていましたが どんどん撮影してSNSで拡散してくださいと言っていた通り情報の共有ということをAdobeが大事にしていることが分かりました

 

やはり今の時代 情報は共有していくもので閉じ込めるのは時代にそぐわないことなんだなーと感じながら 自分の専門である会計業界はどうなのかなと考えながら大満足で尼崎への帰路につきました

 

まとめ

AdobeMAXJapan2019は年に一度のお祭りの様な祭典になります

 

Adobeの社長まで来たり第一線で活躍しているクリエイターの技術を学べたりと非常に豪華なものです

 

Adobeを使っている人はもちろん 興味があるけどまだ使ってない人でも一度は行ってみる価値はあります

 

セミナー以外にもAdobeの製品を触れることができるブースもいくつもありましたので使い勝手を知ることができます

 

編集後記

一泊二日で1日目はコンサル2日目はAdobeと弾丸で行って来たので帰りのバスト飛行機は爆睡でした

 

息子(2歳)の成長日記

帰ってくると髪を切っていて 坊ちゃん刈りで可愛くなっていました

 

一日一考

iPad最近使わなくなっていましたがAdobeの祭典を聞いてもっと活用して行こうと思いました

尼崎市富松町の開業税理士。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

MENU
サービスメニュー

単発決算こちら
すぽっと顧問こちら
法人設立さぽーとこちら
税務顧問はこちら
大学院入試コンサルこちら
セミナーリクエストこちら
7名の方を税法大学院に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。


 

☆研究計画書作成には必須☆