持続化給付金に関するご相談なども対応します。詳しくはこちらからどうぞ

税理士の委任契約に思うこと、タダより高いものはないと言う話

こんにちは!

 

みつばち会計事務所の丸山です。

 

大晦日です。

 

昨日は2019年のまとめを行い、今日は実家で酒を飲もうと思います。

 

今日のブログは私の税理士業務を行う上での心構えについて思うことを正直に書きました。

 

はじめにお伝えしておきたいのは、無料の会社設立を批判しているわけではなく、税理士の委任契約について理解されている方が少ないと思い執筆しましたので、その点は誤解のないようにお願いします。

無料の法人設立サービス

最近の流行りかもしれません。

 

私も前職の会計事務所は無料の法人設立を武器に集客を行い、今や700人以上の従業員を抱える大きな事務所です。

 

法人の設立と言うのは昔は司法書士や行政書士が10万円以上の報酬を得て行っていました。

 

しかし今では税理士事務所がスタートアップの支援と言う形で行うことが主流になっています。

 

その背景には法人を設立する際に必ず必要な税務署への手続きがあってそれが税理士の業務だからです。

 

今日はそれが言いたいのではありません。

 

そもそも法人の設立はお金を頂いてする様な手間の掛かる業務と言うことです。

 

それを無料でしかもボランティアでする人がこの世の中にいるでしょうか?

 

いるわけありませんよね

 

無料で会社設立の業務を行うには明確な理由があります。

 

サブスクリプション型の顧問契約

無料で会社設立を行う理由は税理士特有の顧問契約を行うためです。

 

顧問契約は見かけはサブスクリプションの様な契約になります。

 

税理士の顧問契約と言うのは委任契約で少し特殊な契約になります。

 

委任契約を簡単に言うと何か明確な成果物を相手に提供するものではなく、税理士の専門性を活かして契約者が税務上必要な業務を代わりに行うことを保証すると言うものです。

 

なので、毎月必ず仕事が発生するわけではありません。

 

仕事が発生しないのにお金は発生するのが、この委任契約になります。

 

それが影響していると思いますが、税理士への不満で毎年多いのが『提案がない』と言うものになります。

 

ただ、この不満と言うのは委任契約を理解していれば筋違いと言えば筋違いです。

 

それは委任契約自体はクライアントの税務業務を代行しているわけであって何も経営のコンサルを約束しているわけではないからです。

 

私の知り合いに公認会計士で財務コンサルをしている人がいますが、月々の料金は80万だったと聞いています。

 

かと言って、料金が安いから提案を一切しなくていいと言うわけではありません。

 

でももし、税理士にコンサル部分を期待していて、それをしてくれないからと不満を言うのは市場価値を知らないだけと思うわけです。

 

税理士会主宰の無料相談会

税理士の業務の一つに無料相談会と言うものがあります。

 

ネットで調べれば確定申告前の2月にお住まいの住所の近くで毎年開催されています。

 

完全無料で日頃疑問に思っている税金について質問ができるのでぜひ活用するべきです。

 

私も、2月6日(木)に9時30から16時まで尼崎市の武庫地区会館3階ホールと、2月21日(金)の9時30から16時まで尼崎税務署の近くの酒飯会館の会議室で質問対応させていただきます。

 

この相談会は税理士会をあげて全国各地で行われる恒例行事で、私たちも税理士会から謝礼と言う形で報酬をいただいていますのでお気軽にご相談ください。

 

無料で提供しているのには理由があります。

 

これは税理士会が税務支援と言う名目の元行っているもので、税理士の社会的信用を向上させることが目的です。

 

お金か時間を払う必要性

商売を行う上での無料は必ず何らかの目的があります。

 

アンケートで謝礼がもらえるなどは良い例ですよね。

 

これは時間を奪われているわけですが。

 

世の中にはタダより高いものはないと言われます。

 

無料のものを利用するとお金か時間を奪われていると考えた方が良いと思います。

 

なので、本当に磨かないといけないのは価値を見抜く力で、価値のあるサービスを受けたいのであればお金を支払うしかないと思うわけです。

 

まとめ

無料の会社設立は税理士の顧問契約のための営業手法です。

 

税理士の委任契約とは税務署との仲介であってコンサルではありません。

 

総じて無料のものと言うのは、お金か時間を奪われます。

 

なので、本当に重要なのはサービスそのものにどれだけの価値があるか見極める力になります。

 

編集後記

今日は実家にいます。

パソコン一台あればブログは書けます。

 

税理士業務も基本パソコン一台あればどこでもできます。

 

息子(2歳)の成長日記

今日は、お母さんと一緒ならぬおじいちゃんと一緒に楽しく遊んでいました。

 

一日一考

読者様へ

 

2019年は大変お世話になりました。

 

2020年は税理士として飛躍の年にしたいと思っています。

 

2020年もよろしくお願いします。

尼崎市立尼崎高校から北に徒歩3分ほどで開業中の税理士です。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計23人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆