ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

会計事務所内でのJDL申告ソフトのデータのやり取り方法

本題

今日は、少し実務的な話をしたいと思います。

私は、現在、パートさんを1名雇っています。

パートさんには、freeeとJDLなどのソフトを使って仕事をして頂いています。

JDLについては、触れたこともない状態だったので、勘定科目内訳書や減価償却ソフトなどを1から教えました。

そして、法人の決算の時などは勘定科目内訳書などを作って頂き、そのデータを送って貰うという方法で行っています。

その際に注意しないといけないのが、正しいデータのやり取りを行うということです。

私の契約しているプランは一番シンプルなものなので、データは私のパソコンとパートさんのパソコンで別々に管理されている状態になります。

前提として、私のパソコンは、常に最新のデータがある状態にしています。

そして、次に、私のパソコンで申告書などの作成をした場合、以下の手順でデータを全てパートさんの方に移します。

税理士側からの送信

  1. Client File Managerを開く
  2. ファウル操作「退避・復元」を選択
  3. 「退避」を選択
  4. 退避後に退避元のデータを削除しますか「NO」を選択

年度・・・すべて

会社・・・すべて

システム・・・すべて

上記の選択肢で実行。

2021/10/10の日付が入ったデータが作成されるので、パートさんには上書きで復元してもらいます。

この段階で、理論上は、私のパソコンとパートさんのパソコンは全く同じになっています。(しかし、実際は一部復元できなかったりもします。私のパソコンさえ正しいデータであれば大きな問題はないです。)

パートさんからの送信

パートさんには、作業前に上記の操作でデータを最新状態にした上で、作業を開始していただきます。

例えば、ある会社の勘定科目内訳書を作成していただく場合、まずは会社の勘定科目内訳書の元データを作成していただきます。

この操作を行うと、JDLでは、以下のようなデータが新しくできることになります。

こちらは、Client File Managerの画面になります。

ちなみに、この時点で、私のパソコンのデータにはないデータがパートさんのパソコンに存在することになります。

そして、作業を進めていただきます。

データ入力が完了します。

その後、パートさん側のパソコンでもデータの書き出しを行うのですが、ここで少しコツがあります。

  1. Client File Managerを開く
  2. ファウル操作「退避・復元」を選択
  3. 「退避」を選択
  4. 退避後に退避元のデータを削除しますか「NO」を選択

年度・・・すべて

会社・・・選択する

システム・・・選択する

パートさんの方では、新規で作成したデータのみを上記のように選択した上でデータを書き出していただきます。

それを送って貰い、私の方でそのデータを取り込みます。

そうすると、この時点で私のパソコンとパートさんのデータは全く一致していることになります。

また、このやり方の利点は、データが全て選択する場合に比べて非常に軽いため、データの書き出しや移動が短時間で行える点です。

さらに、もし、パートさんのパソコンのデータに不備があったとしても、私のデータにその不備が反映されることがありません。

このようにして、私の事務所ではJDLを使用して申告業務を行っています。

この方法であれば、たとえ、パートさんが増えたとしても、私のパソコンのデータを常に最新データにした状態で業務を進めることができます。

 

息子&娘(4歳1ヶ月&0歳1ヶ月)の成長日記

今日は、自宅に弟夫婦が遊びに来てくれました。

息子は弟のことが好きで、すごく遊んで貰っていました。

また、娘も可愛いと言ってくれて面倒を見てくれました。

優しい弟夫婦が来てくれた日曜日でした。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら