初めての動画作成!YouTuberでもないド素人がAdobe Premiere Pro CCを使って動画作成してみた。

まいどおおきに!

税法大学院合格コンサルタントのTOMOYUKIです。

私YouTuberデビューしました。

といいましても動画投稿自体は半年前ぐらいからやっております。

現在のチャンネル登録者は24人、総再生回数過去28日間で、214回です。

見事な弱小YouTuberと言えるでしょう(笑)(笑)

そこで、今回は、もう少しチャンネル登録者や視聴回数を上げたいと思って動画編集ソフトで有名なAdobe Premiere Pro CC(アドビプレミアプロCC)を使って字幕付き、BGM付きの動画を作成しましたので、その作成過程について話してみたいと思います。

では、まいりましょう!

再生数の多い動画分析

と作成過程をお話する前に、なぜ、字幕付き、BGM付きの動画作成を行おうと思ったかについてまず話したいと思います。

それは、人気YouTuberの動画を見てその方が良いと思ったからです。

単純!!!

でも、勉強ってそういうことではないでしょうか?

視聴回数を伸ばしたいなら、視聴回数が多い人を真似したらいいのです。

ジャンルは違うかもしれませんが、絶対に参考になりますし、それが近道のはずです。

 

SUSHI RAMEN【Riku】チャンネル登録406万

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

たぶん20代であろうYouTuberのRikuさんが面白い企画に次々挑戦していうというものです。

私も最初は、くだらないと見ていましたが、見ているうちにどんどん癖になってきます。

まるで、自分が子供の時にやりたいなと思っていたことを、代わりにやってくれているような感覚になって、どんどんこのチャンネルの虜になっていきます。

また、このチャンネル名ですが、単純なようですごく計算されています。

外国人の好きそうな2大巨頭、すしとラーメンです。

しかも、ローマ字で(笑)

この動画をよく見ると、日本語字幕と同時に英語の字幕も挿入されています。

この動画は日本の視聴者だけでなく、海外の視聴者の取込まで計算して作られています。

国際派チャレンジ系面白動画と言えるでしょう。

 

圧倒的不審者の極みチャンネル登録233万

この方も、私が最近虜になった方の1人です。

あらゆる材料を使ってひたすら包丁を作るチャンネルです。

視聴していると、何か見てはいけないものを見ている感覚になってきてずっと見てしまいます。

これを覚えたところで日常生活に一切活用できません。

しかも、この動画も少ないですが、字幕があり、しっかり英語でも表記されています。

国際派職人系面白動画と言えると思います。

 

タピオカ達人Oh Ninoチャンネル登録47万

私はタピオカを愛しています♡

この世にタピオカ以外にうまいものは、グミ、カレー、オムライス、ゆかりのふりかけ、、、結構ありました。

顏出しをしていないYouTuberで私の好きなチャンネルの1つです。

この方のこのタピオカを作るという淡々とした内容の動画ですが、単なる料理番組の域を超え、芸術性すら感じます。

最近、こういった料理系のYouTube動画は多くなってきました。

大阪の有名店なお好み焼きを焼いているだけの動画でも50万再生とか行っています。

これらに共通して言えることは、ある単語検索で上位表示を狙っていたり、BGMの選曲や動画のカット割りにこだわって飽きさせない工夫をしているということです。

ただ、単なる料理動画でも1万再生とかは行ったりします。

このような現状を見ると、YouTubeの世界は、ブログとは違ってまだまだ空いている席はあると言えます。

 

TV番組の録画

私がよく見るのは、「水曜日のダウンタウン」などが多いです。

これらは、投稿者がそれほど有名じゃなくても、コンテンツの力が大きいのですぐに視聴回数が稼げます。

ただ、最近は、著作権の規制が強くなっているため、チャンネル登録をして同じ投稿者の動画を見ようとすると、次は削除されていることも多々あります。

多分、このような動画の投稿者は、いくつかのYouTubeアカウントを所有していて、投稿、削除、投稿と繰り返していると考えられます。

 

士業系のYouTuber

税理士YouTuberチャンネル!! / ヒロ税理士チャンネル登録2.6万

大阪で税理士法人を経営されている代表税理士のヒロ税理士の動画になります。

ヒロ税理士は、YouTubeブームに火が付く前からYouTube上で活動しておられて、士業系YouTuberの先がけ的な存在です。

最近、YouTubeに非常に力を入れておられて、更新頻度も多いですし、最新のニュースを税務的に解説されていたりします。

 

税理士大河内薫の税金チャンネル│チャンネル登録6,057人

最近、著書の「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」がヒットしているTwitterでフォロワーが2万人以上いる人気者です。

いつも、本のタイトルのロゴの入ったTシャツを着てYouTubeで話をされています。

本も漫画で構成されており、税金の初心者でも分かりやすいような構成で聞き取りやすい声でしゃべられています。

 

 

 

キミアキ先生の起業酔話チャンネル登録7.7万

税理士事務所の代表税理士のご主人です。

税金の知識を活かして事業コンサルタントとして活動されています。

私がこの方を知ったのは、定期的に配信されている企業酔話というYouTubeLiveを見たことが最初でした。

ランニング姿でチューハイ片手におつまみを食べる姿には正直度肝を抜かれました。

この方は、過去に飲食店のオーナーもされていたとのことで、経営面についてかなりの知識を持っておられます。

そして、会計実務の経験を活かして、コアなファンがついています。

 

 

Adobe Premiere Pro CC字幕を入れる

私は税理士を目指していますので、当然、士業系のYouTuberを目指しています。

しかし、先行者有利もあり、既存の方と同じようなこともやっていてもYouTubeで埋もれてしまうかもしれません。

そこで、私は、士業系YouTuberがほとんど手を出していない字幕を入れてより見やすい動画を作成しようと考えました。

以下で、動画編集ド素人の私が、いかにして字幕入り、BGM入りの動画を作成したのかお伝えします。

Udemy(ユーデミー)

ご存知の方も多いと思います。

アメリカの企業になりますが、Benesse(ベネッセ)も協賛しています。

Web講義のサービスになります。

講義の多くは英語で提供されており、日本語の動画は少ないです。

そんな中、私は1人動画編集の方法を日本語で講義されている講座を見つけました。

「笑撃的なAdobe Premiere Pro CC 動画編集チュートリアル!〜 Mac推奨ですがWinも歓迎〜」という講義をされている村上さんです。

キャラは独特で、評価は賛否両論ありましたが、高評価の方が多い感じでした。

講義は6時間に及ぶ内容で軽快なリズムで展開されていきます。

見ていて飽きませんでしたし、初心者の私でも十分ついていくことが出来ました。

 

 

Adobe Premiere Pro CCの教科書

以下の本を購入しました。

 

こちらは正統派な教科書といった内容でした。

下で紹介している字幕付きの私の動画は、ユーデミーの講義より、こちらの本を参考にして作ったイメージです。

初心者には教科書みたいな感じでしっかり整理されている方がすぐに使えます。

ただ、すんなり本の内容を実践できたのは、ユーデミーの動画教材を見ていたからで、本だけだと難しかったように思います。

なので、動画でPremiere Proの操作をざっくり理解して、細かいところは、本で確認していくといいと思います。

 

字幕付き動画の作成所要時間

≪Premiere Proの実際の作業画面≫

さて、以下の動画は約15分程度の内容になっています。

この動画では、以下の手法を使って作っています。

そしてPremiere Proで掛かった編集時間は5時間です。

動画撮影に1時間要していますので、合計6時間ほどになります。

ちなみに、大学院の修士論文作成の時以来となるガストで夜なべをしました。

編集については慣れれば多少早くなるかもしれませんが、それでも3時間か4時間は掛かると思います。

タイトルの挿入

作業時間は、30分程度。

プロの「エッセンシャルグラフィックス」という機能と「エフェクト」の「フィードイン」と「フィードアウト」という機能を使います。

「エッセンシャルグラフィックス」はちょうどパワーポイントでタイトルを入れるように、四角の枠を書いたり、その中に文字を書いたり出来る機能になります。

「エフェクト」は、特殊効果のことです。その中の機能として「フィードイン」はタイトルの出だしがふんわりでる設定にするもので、「フィードアウト」は、逆にタイトルがふんわり消える設定になります。

以下で紹介する動画では話題が変わるタイミングでタイトルを挿入してエフェクトでフィードインとフィードアウトを設定しています。

 

文字起こしと字幕の挿入

文字起こしに、1時間程度。

字幕の挿入に、2時間程度。

文字起こしは、一言一句書き起こしたというわけではなく、要点を絞って意味が通じる部分について文字を起こしました。

しゃべっている本人が重要なところは一番分かっています。

字幕の挿入は声に合わせて表示時間を長くしたり短くしたり調整しながら設定したので、今回の作業で最も時間が掛かりました。

慣れてくれば、1時間ぐらいで出来る作業になると思います。

 

BGMの挿入と音量の調整

作業時間は、30分程度。

この時間のうちほとんどは、BGMの選曲に掛かったものがほとんどになります。

1つ決めてしまえば、後は「ALT」キーを使って複製が出来るため、BGMが最初から決まっていれば時間はほぼ掛かりません。

また、無料のBGM素材は、甘茶の音楽工房をいうサイトからダウンロードしました。

さらに、自分の声をかき消しては動画として成立しないため、BGMの音量を小さくしまいた。

このような細かい作業もPremiere Proでは簡単に設定が可能です。

 

不要な箇所をトリミング

作業時間は30分。

これは、「レーザーツール」といういかにも切れ味がよさそうな機能を使って動画を部分的に切る作業をやりました。

また、切ったあと、後半を加工後のまま字幕の部分などをずらさず調整すること「リップル削除」という手法を使いました。

ここらへんは何のこっちゃという状態でしょうが、教科書に沿ってやってみると以外と簡単にできます。

 

まとめ

士業系のYouTube動画は、まだまだ参入する余地があります。

それだけで稼ぐのは、勢いのある士業系YouTuberのチャンネル登録者数と人気YouTuberのチャンネル登録者数を比べるとそれだけでは難しいと言えます。

ただ、ブログを毎日書くよりは「見られる」可能性は非常に高いと感じています。

例えば、ブログで「税理士」というキーワードで上位10位に入ろうと思うと並大抵のことでは無理ですが、YouTubeなら競合が少ないので検索上位に表示ハードルが低いからです。

そのため私も、今後はYouTubeに力を入れて行こうと思っています。

まだまだ超弱小YouTuberですが頑張って行きたいと思います!

今回作成したYouTube動画はこちら

尼崎市富松町の開業税理士。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

MENU
サービスメニュー

単発決算こちら
すぽっと顧問こちら
法人設立さぽーとこちら
税務顧問はこちら
大学院入試コンサルこちら
セミナーリクエストこちら
7名の方を税法大学院に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。


 

☆研究計画書作成には必須☆