協会けんぽから予防検診が届きました。国保との差はあるの?

本題

社会保険に入っていると、健康保険の加入団体は協会けんぽになります。

昨日ぐらいに、生活習慣病予防検診のご案内が届きました。

去年はなんやかんやで受診していなかったと思いますが、今年は受診しようと思います。

見出しには、負担額を2,000円引き下げ、さらに受診しやすくなりましたと記載されています。

一般検診は5,282円で受診することができます。

付加検診は2,689円で追加することができます。

付加検診は、その年に40歳もしくは50歳になる人だけ受診することができます。

私は今年ちょうど40歳の年なので、付加検診も追加しようと思います。

(1)一般健診
年1回の定期健診。
診察や尿、血液を採取しての検査、胸や胃のレントゲン検査など約30項目の全般的な検査を行います。

対象者は、当該年度において35歳~74歳の方。

(2)付加健診
一般健診に加えてさらに検査項目を増やし、病気の早期発見や生活習慣改善などの健康管理に活かします。

対象者は、一般健診を受診する方のうち、当該年度において40歳及び50歳の方。

※付加健診の項目の1つである肺機能検査については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止対応をとっている健診機関があります。健診機関ごとの実施状況につきましては、直接健診機関へお問い合わせください。

『協会けんぽホームページより引用』

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat410/sb4010/

よく、社会保険は国保より優遇されていると言われますが、国保ではどのような検診が受診できるのでしょうか。

健診すずめ通信より

https://amakensin.jp/place/round/index.html

国民健康保険は、市役所単位で予防検診を開催しています。

尼崎市の場合は、無料で集団検診を受診することができます。

無料はありがたいですね。

市役所によってばらつきはあると思います。

気になる検診の内容は、以下のようになっています。

健診すずめ通信より

https://amakensin.jp/place/round/index.html

違いとしては、けんぽの方には、心電図と胃部レントゲン、胸部レントゲンが追加されています。

それ以外は、変わらないので無料で受けれるので、気になったらプラスで受けるのも良いと思います。

やはり、日本は医療制度が充実しているので、使えるものはしっかりと使いたいものですね。

また、バリウムを飲まないといけないのは、少し憂鬱ですが。

 

息子&娘(5歳7ヶ月&1歳7ヶ月)の成長日記

娘の歯が徐々に生え揃ってきました。

前歯の次は奥歯が生えてきて、犬歯のあたりはまだ歯茎のままです。

食欲は旺盛なので、いろんな食材に手を出しますが、とんかつはまだ噛み切るまでには至らなかったようです。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

令和5年度 確定申告のご依頼はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。