【クリックしてね!】税理士試験合格発表後でもまだ間に合う大学院入試サポート誕生

1人社長の私がパチンコを辞められている理由5選

まいどおおきに!

税法大学院合格コンサルタントのTOMOYUKIです。

パチンコみなさんはどんなイメージでしょうか?

煙草くさいとか、借金とか、時間の無駄とかいろんなイメージがあると思います。

私は、パチンコとスロットを学生時代からよくやってました。

資格に専念してお金がなかった時ですら、授業の合間に1円パチンコに行ったりしていました。

学生時代のツレもパチンコ好きが多く、たまに合う時は一旦パチンコに行ってからご飯にいくようなお決まりのパターンです。

ただ、会社設立をして1人社長となった現時点では、ほとんどパチンコにいくことはなくなりました。

私のプロフィールにも、やりたくないこととしてパチンコを書いています。

サラリーマンの時は辞めることができなかったパチンコが1人社長という時間を自由に使うことが出来るようになったのに、なぜほとんど行かなくなったのか?

それについて自己分析してみました。

サラリーマン時代より時間がない

社長というイメージでは従業員より時間があるイメージだと思います。

しかし実際は、時間は少ないです。

確かにサラリーマン時代のように、上司はいませんので、変な雑務を振られるようなことはありません。

しかし、どんな事業をするのか。

借入をするのか。

仕事の時間とプライベートの時間をどう分けるのかなど、決めないといけないことは山のようにあります。

さらに、発生した雑務については自分でやるのか。

それとも、クラウドワーカーなどに任せた方がいいのか?

細かいことでもなんでも決断しないといけません。

この決断するこ作業には、非常に体力を消費します。

なので、目に見える労働時間(通勤や勤務している時間)は減ったかもしれませんが、仕事のことを考えている時間は圧倒的に増えました。

そのため、パチンコ屋に行くという選択をする暇がほとんどなくなりました。

2019年に入って、5ヶ月で1度だけ自分1人でパチンコ屋に行きましたが、その理由は、強烈に疲れて気晴らしに行っただけです。

結局、負けて副流煙を吸って気分が悪くなって帰った記憶が残っています。

 

 

 

好きなタイミングで休憩を取れる

サラリーマンの時と違い、休憩をしたり、休みを入れたりは自分の好きなタイミングですることが出来ます。

サラリーマンの場合、朝9時~18時まで自分がどんな状態であっても勤務する必要があります。

この好きなタイミングで休憩が出来るというのは、疲れを取るという意味では非常に効果的だと思います。

サラリーマン時代の感覚でいうと、16時ぐらいから体調も悪く我慢して残りの2時間を頑張ってしまうと、いつもの2時間の疲れ方とはまったく違う疲れ方をしてそれがストレスの原因になっていたように思います。

1人社長の場合は、16時で1回長めの休憩を入れて、19時ぐらいから再度始めることも可能です。

そういった環境だと、ストレスもたまらず、パチンコで発散しようという考えに至りません。

 

 

 

昔のツレと活動時間のサイクルが合いにくくなった

今でも、大学時代に一緒にパチンコに通っていたツレと遊ぶことがあります。

そのツレは、サラリーマンです。

なので、そのツレの仕事終わりとかに、『今日どない』みたいな誘いを受けることがあります。

時間帯はだいたい夜の19時とか20時です。

その時間帯は、そもそも仕事をしている時もあれば、すでに仕事を終えて家でゆっくりしていることもあります。

なので、1人社長になってからは、断ることも多くなりました。

 

 

副流煙を吸うことがアホらしくなった

パチンコというと切っても切り離せないのが煙草です。

煙草は百害あって一利なしと言われるように、健康にはよくありません。

私も30歳ぐらいまでは1日1箱ぐらい吸っていました。

あるきっかけで辞めることになるんですが、その話はまた後日したいと思います。

自分が好きで吸う分で自分の体に害が出るのは仕方ないことだと思いますが、他人が吸った煙草の煙を吸って、自分の体の健康に影響があることがアホらしくなりました。

 

 

 

お金のありがたみが増した(分かった)

あまり声高に言うことではありませんが、私は会社設立と同時に借入をしました。

ご存知の通り、借入には利息が付いてきます。

それは、会社の経費ですが、毎日お金が出て行っています。

さらに、事務所を借りたりすると、もっともっとお金が出ていきますし、コピー機のリースをしたりしてもお金が出ていきます。

会社を設立するということはお金を支払うという事でもあります。

支払うだけだと、いずれお金がなくって終わりです。

売上を上げないといけません。

そう考えると、1分1秒でも無駄にすることが勿体ないという考えになって、パチンコで時間を浪費することがこれまたアホらしくなります。

 

 

まとめ

今回1人社長とサラリーマンの違いについて、パチンコという切り口でお話しました。

もちろん、サラリーマンの方でも時間を浪費せず充実した生活をされている方はいると思います。

また、パチンコがなければストレスのはけ口がないという人もいると思います。

パチンコをやっていた立場からするとパチンコが完全悪とは思いません。

しかし、パチンコを辞めた方が、時間とお金の余裕が出来ることは間違いないと思っています。

尼崎市富松町の開業税理士。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

大学院入試サポートこちら
単発決算こちら
すぽっと顧問こちら
法人設立さぽーとこちら
税務顧問
セミナーリクエストこちら

7名の方を税法大学院に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。


 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆