ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

2022年セリーグ3位争い、東京ドーム最終戦を勝利で巨人が一歩リード

本題

ドーム球場に中止はない

9月20日(火)の試合で、巨人の本拠地、東京ドームでの試合が終了しました。

残り7試合は、ビジターチームとして、敵地で戦うことになります。

今年から東京ドームのバックスクリーンに設置された超巨大モニターを見に行くのが、当面の私の夢ではありますが、本拠地開催の利点は、ネット配信で見やすい点にあります。

ホームの試合であれば、ジャイアンツtvにてリアルタイムで試合観戦することができます。

広島、ヤクルト、中日のビジター戦はそれぞれ特定のネット配信やネット配信をやっていなかったりで、なかなか観戦が難しいです。

今年の巨人戦のホームの試合はほぼ観戦しました。

9月20日(火)の試合概要

本拠地最終戦は、首位ヤクルトとの対戦でした。

先発はルーキーの赤星。

序盤は初勝利を飾るなど期待されましたが、中盤打ち込まれ、リリーフに配置転換されてから、後半戦に再び先発を任されていました。

しかし、この日は自慢のコントロールがばらつき、ヒットを打たれる場面が目立ち、ヤクルトに先制される展開でした。

しかし、打線が奮起して、逆転しました。

ヤクルトで最も怖いのが、現時点の3冠王の村上です。

ただ、村上だけは抑えました。

勝利の女神もこの日の巨人には付いていたようです。

ヤクルトのヒット性のあたりは、ことごとく野手の正面に、対する巨人の打球は外野の間を抜けていきます。

運を味方につけた巨人が、5対4の僅差で無事ホーム最終戦を勝利しました。

阪神と広島の結果

さて、こうなると気になるのが、3位争いをしている阪神と広島の結果です。

試合前は、0ゲーム差で3チームが並んでいました。

ちなみに、もし、ペナント終了時点でゲーム差で並んだ場合は、直接対決の勝敗で順位が決まり、阪神にも広島にも負け越している巨人に3位の目はありません。

他力本願でもなんでも良いので、ゲーム差で前に出るしか、巨人の3位の目はありません。

これが、なんと両チームが負けるという、なんとも巨人にとっては嬉しい展開になりました。

阪神については、土壇場の9回で逆転負け、広島については延長の11回に勝ち越されて負け。

神風でも吹いたの?

という巨人にはありがたい展開でした。

これで、1ゲーム差で巨人が3位に単独浮上です。

接戦には変わりないですが、1歩リードできたことは大きいです。

まとめ

クライマックスシリーズがあることで、3位争いだったとしてもファンは楽しむことができます。

セリーグは3位争いが、パリーグは首位争いが大混戦しています。

どうなるのか、最後まで目が離せません。

 

息子&娘(5歳0ヶ月&1歳0ヶ月)の成長日記

昨日は、英語教室の予習を息子と一緒にやりました。

文字と絵の書かれたカードを見て、英語でしゃべれるのが目標でしたが、そこまでは集中力が持たず途中で終わってしまいました。

まあ、コツコツですね。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら