ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

スキーのオフトレの一環で、スラックラインを始めました。

本題

スラックラインとは

スラックラインとは、綱渡りのようなスポーツになります。

その専用の綱のことをそのままスラックラインと言います。

先日、ニュースでスラックラインで日本人が世界一になったというニュースを見て、面白そうということで、始めることにしました。

実は、スキーのオフトレを探していたという目的もあります。

何かやらねばと思いつつ、いつの間にか今年も10月になってしまいました。

習慣になってないことというのは、なかなか始められないものです。

スラックラインは直感で面白そうと思ったので、道具を購入してそれが届いたので、早速やってみることにしました。

場所探し

スラックラインを簡単に行うためには、2本の木が必要になります。

そこにスラックラインを固定して、楽しむものになります。

とはいえ、そんなちょうどいい場所なんて、なかなかありません。

まずは武庫川に行ってみようということで、駐車場に停めて河川敷を登ってみました。

しかし、そこは5面ぐらい野球グラウンドになっていて、木は斜めの斜面に立っているだけで、とてもスラックラインができるような状態ではありませんでした。

それでは、大きな公園に行ってみようということで、西武庫公園に向かいましたが、駐車場が満車で入れず、日曜日晴れた日だったので、どこも混雑しています。

さらに北に向かいました。

そこで、とりあえず見つけた駐車場に車を停めて、河川敷の方に向かってみると、遊具のない木だけ生えている公園のようなところを見つけました。

2時間ほど

彷徨っていると偶然にも、スラックラインにうってつけの場所を見つけました。

遊具もないので、日曜日にもかかわらず、誰もいませんし、河川敷の裏側で交通量も少ないです。

ちょっとした雑木林のような場所です。

こんな感じでスラックラインを張ることができました。

地面から60センチぐらいのところに張っています。

中央で体重80㌔の私が立つと地面につくぐらいのテンション(張りの強さ)をかけています。

全くの初心者でしたが、英語の説明書の図解を頼りに張ってみると、何回かやっているとできるようになりました。

器具の取り扱いはそんなに難しくはありませんでした。

これが、スラックラインに乗った目線から撮影した画像になります。

ぴーんとしっかりと張れているのが分かります。

正味1時間30ぐらい乗っては落ちて、乗っては落ちてと繰り返していましたが、初めてスキーをした時と感覚が似ています。

スキーも初めての時は乗り方が分からなかったですが、転けて起き転けて起きしているうちに滑れるようになりました。

かといって、スキーができても、バランスの取り方は違うので、初日は2歩ぐらい進めるぐらいで集中力が切れました。

ただ、結構夢中になって楽しかったので、またこっそりと練習したいと思います。

まとめ

スキーのオフトレとして始めたスラックライン。

とても奥が深そうです。

まずは、基本的な歩く、しゃがむなどができるようになりたいと思います。

息子&娘(5歳1ヶ月&1歳1ヶ月)の成長日記

日曜日の午後から、私が子守をしていました。

娘歩く、それを息子が追いかける、追い抜く、そして布団にダイブするを10回ぐらい繰り返していました。

息子のダイブの勢いがすごいので、その度に注意していました。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、5歳の男の子と1歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

行政書士メニュー

みつばち行政書士事務所では、軽貨物の許認可を取り扱っています。軽貨物の許認可のご相談はこちらまでご連絡ください。

みつばち会計事務所のサービスメニュー

確定申告などの単発決算(受付12/15まで)こちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。